Zetacoinとは何か?




Zetacoinとは?

Zetacoinは、2013年8月に公開された仮想通貨で、通貨単位は「ZET」を使っています。

初年度に16億枚が発行され、その後は年間100万ZETが供給されることになっています。プレマイニングは一切なく、公平性のある通貨として認知されています。ビットコインの派生通貨ですが、ビットコインよりもトランザクションの生成スピードが20倍も速いという特徴があります。

この記事では、Zetacoinの3つの特徴と将来性について紹介します。

Zetacoinの3つの特徴
  • ビットコインのクローン
  • インフレ供給コイン
  • コミュニティの形成

ビットコインのクローン

Zetacoinはビットコインから派生した通貨で、クローンコインと呼ばれています。

本家のビットコインよりもハッシュレートが速いという特徴があります。ハッシュレートはマイニングが実行される際の採掘スピードのことで、ビットコインではおよそ10分間で世界中の採掘者たちが一斉に計算を行って答えを探します。この計算回数がハッシュレートです。Zetacoinのハッシュレートは非常に速く、ビットコインの20倍という結果が出ています。

インフレ供給コイン

ビットコインは発行上限が定められており、その性質上インフレしない通貨で、デフレ通貨と呼ばれています。一方、Zetacoinはインフレ通貨で、いくらでも発行することが可能です。

ただし、発行することによって価値が薄まっていくことを防ぐために年間の発行枚数が制限されます。新規通貨の発行はマイニングによってもらされますが、毎年100万ZETが上限です。

コミュニティの形成

Zetacoinが注力しているのは、強固なコミュニティの形成です。

仮想通貨の発行や管理には、コミュニティの存在は欠かせません。その通貨のファンが通貨の流通を後押しするからです。

Zetacoinは忠誠の厚いファンが多く、多くのプロジェクトが計画されています

Zetacoinの将来性

Zetacoinはビットコイン以上の決済通貨となることを目指しています

素早くブロックを生成することが可能で、いくつかの難易度の調整を実行しており、今後は多くの採掘者が参加すると見られています。開発チームはかなり積極的で、高い目標を持っています。市場での採用を目指して多くの活動を実行しています。

仮想通貨プロジェクトや仮想通貨を使ったゲームの開発などを行っており、今度の発展が見込まれています。アンドロイド用のウォレットをリリースするなど、普及に努めています。

Zetacoinのリリース情報はGithubなどで収集

Zetacoin (ZET) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2014年の取引開始と、歴史は長いZetacoin。取引直後は乱高下を繰り返し、次第に落ち着きを取り戻す動きをしていました。その後、2017年の仮想通貨全体の盛り上がりと共に再度価格が高騰していますが、現在はゆるやかに下降しています。

ビットコインのクローンコインですが、ビットコインの弱点を克服している点でも今後注目の仮想通貨です。ゲーム開発やウォレットの普及にも力を入れているので、今後の進捗についても要注目です。

公式サイトにはアップデートの日付のみが表記されており、Twitterの更新も数年前から止まっています。リリースの内容はGithubのリリースノートや、各コミュニティを読み解くことをおすすめします。

Zetacoinの主な取引所