台湾初の観光業界ブロックチェーンの開発に成功!チン・チンチー氏がCOOのフアフ・エンタープライズ・ホールディングス・リミテッド社とは?




この記事のポイント

■フアフ・エンタープライズ・ホールディングス・リミテッド社はブロックチェーン業界のリーディング企業
■チン・チンチー氏は最高執行責任者(COO)を務める
■世界初の航空・観光向けブロックチェーン開発に成功

台湾で初のブロックチェーンプロジェクト開発

チン・チンチー氏が最高執行責任者(COO)を務めるフアフ・エンタープライズ・ホールディングス・リミテッド社では、台湾で初となる航空・観光分野向けのブロックチェーンアセットの開発に成功しました。このプロジェクトの成功は、台湾で初というだけではなく、世界でも初となるため、世界中の航空・観光業界から注目が集まっています。
フアフ・エンタープライズ・ホールディングス・リミテッド社が開発したのは、エアライン・ライフネットワーキング・トークン(ALLN)で、2018年4月に発表されて以来、台湾全土に普及して大きな成功をおさめたプロジェクトでもあります。またこのプロジェクトは、東南アジア最大のデジタルアセット取引所のMBAECと連携した航空観光デジタルアセットとしても成功を収めていて、発行されたトークンはMaxonrow社と提携する初めてのトークンでした。

世界中の企業がALLNトークンに対応

フアフ・エンタープライズ・ホールディングス・リミテッド社が開発に成功したALLNは、台湾経済の転換点として機能することが期待されています。このプロジェクトを既に導入している台湾のファーイースタン航空は、台湾初の航空会社なのですが、設立された直後には、台湾を起点にして中国全土へフライトを提供する初の航空会社としても知られていました。
このファーイースタン航空が今回、ブロックチェーン技術を採用して大成功を収めていることは、世界中の航空観光業界から注目を集めていて、ALLNトークンにはたくさんの企業が対応していると言われています。

チン・チンチー氏は今後の変革に期待大

フアフ・エンタープライズ・ホールディングス・リミテッド社のチン・チンチー氏は、今後、このプロジェクトが実質的な台湾経済にどんな風に影響を与えるのか、期待大です。多くの航空会社がこのシステムを導入するようになれば、世界中の航空観光業界のデジタル化がさらに進むことでしょう。チン・チンチー氏はまた、すでに台湾国内では実用化されていて大きな成功を収めているシステムなので、今後世界中の他の航空会社が導入することになっても、開発に際してそれほど長い期間がかからないだろうと予測しています。