バイナリーチェーンを採用しているVeriCoin




VeriCoinとは?

VeriCoinとは、バイナリーチェーンを採用することによって安全性や取引の速度の高速化を実現した仮想通貨です。

この記事では、VeriCoinの3つの特徴をご紹介します。

VeriCoinの3つの特徴
  • バイナリーチェーンの採用により安全性が高まる
  • 処理が軽く決済などがしやすいというメリット
  • マイニングをするのにも魅力的な仮想通貨

複数のブロックチェーンを持ち安心感のあるシステムを採用

(引用:VeriCoin & Verium – Official Site | Home

VeriCoinの大きな技術的な特徴としては、単一のブロックチェーンではなくVeriumというバイナリーチェーンを採用しているということです。

通常仮想通貨は、ブロックチェーンという仕組みでシステムが運用されています。取引処理や記録保全のために、小さなブロックと呼ばれる単位ですべての処理を行い、それぞれのブロックを連結させたチェーンを持たせ、それが世界中のユーザーによって保管、管理されています。

しかし、このチェーンが一つだけだと、万が一何らかの処理トラブルや不正アクセスなどの問題に直面すると、すべての処理や記録に影響が及びます。そこで、VeriCoinはこのチェーンをダブルにすることによって、いわゆるバックアップを作っています。処理を二つの階層でおこなうことになりますので、より安全性が高まるというわけです。

Veriumとは?
Verium(ベリアム)はProof of Work Timeと呼ばれる独自のプロトコル上に存在するデジタルコモディティで、2016年9月17日より取引が開始されています。Veriumは仮想通貨であるVeriCoin(ベリコイン)ブロックチェーンをサポートする役割を担っており、資産を革命的に、独立して保管できるようにするため誕生しました。 仮想通貨(コイン)の VeriCoin(ベリコイン)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

処理スピードが向上しているため軽い印象がある

実装しているシステムとしては、非常に処理能力が高いという特徴があります。

そのため、トランザクションが快適に進んでいき、決済や送金処理をするのが軽いというメリットがあります。バイナリーチェーンを使っているため、処理が効率よく進んでいくというのもあり、全体的に快適な使用感があるというのが大きな利点と言えます。

ヴェリウムとの互換性を持たせることができるようにもなっていて、サードパーティーを介さなくても様々な処理ができるようになっています。仮想通貨同士の交換が飛躍的に進んでいくのに、こうした技術はこれから進化していく必要がありますが、VeriCoinではすでにこうし取り組みをしているのです。

様々な方法でマイニングを行えるのがメリット

マイニングという面から見てもVeriCoinはメリットが大きいと言えるでしょう。

オープンにマイニングを許可していますので、世界中の誰もが報酬を目当てにマイニングに参加できます。まだブロック生成の難度が低いため、気軽にCPUでも参加できるということに加えて、ASICでもGPUでもVeriCoinのマイニングができるようになっていますので、より資金と技術力がある人が大きな規模でマイニングをするという方法を採ることもできます。大きなチャンスを生み出す可能性を秘めているコインだと言えるでしょう。

VeriCoinは仮想通貨の敷居を下げる存在?


2016年の取引開始後に高騰してから、低迷を続けていましたが、2017年12月には最高値となるなど回復を続けています。

VeriCoinは、VeriBitというビットコイン支払いの出来る企業へVeriCoinで支払いが出来るサービスを開始しています。ビットコインよりも取引速度が高いため高速取引が出来る点は、今後VeriCoinの発展に大きく貢献するのではないでしょうか。


また、モバイルに特化した取り組みも行っていて、VeriSMSというサービスはSMSから残高が照会出来るなどが可能となります。他にも様々なコマンドがあり、手軽に利用出来る仮想通貨のイメージをより際立たせています。

オープンなマイニングやモバイルからのアクセスのよさは、今後仮想通貨の利用の敷居を下げるコインとして一役買うかもしれません。今後の開発の進捗に期待です。