Aeternityの取引が集中する仮想通貨取引所Gate.ioの特徴




 

この記事のポイント

■取引ボリュームは世界17位の仮想通貨取引所
■アルトコインの鶏費扱い通貨数が充実していることで定評
■価格変動が激しいAeternity(AE)の取引が集中

Gate.ioは香港を拠点にした仮想通貨取引所

仮想通貨取引所は世界中にたくさんありますが、Gate.ioは香港を拠点にしている取引所です。運営については殆どネットに情報が出されていないため、実際に取引をしている投資家でなければ詳細な情報については分からないというミステリアスな点が特徴ですが、Gate.ioでは取り扱っている通貨の種類がとても豊富だと定評があります。2019年1月現在では、取り扱っている仮想通貨の種類はなんと276通貨となっていて、これは世界中の仮想通貨取引所と比較してもトップレベルの充実さと言えるでしょう。

また、Gate.ioはICOを行って発行されたトークンを上場させるスピードが迅速という点でも定評があります。ICOは企業がプロジェクト開発に向けての初期資金を調達するための手段として活用していて、投資家はビットコインやイーサリアムなどを使って投資することができます。そして、それと引き換えに企業はトークンを投資家に発行するわけですが、ICOを終えてプロジェクトが終了したら、このトークンは仮想通貨取引所において上場されることになります。Gate.ioは、他の取引所よりも素早く上場する傾向にあります。

マイナーな仮想通貨の取引にはオススメ

Gate.ioは、仮想通貨取引所の中では取引ボリュームが世界で17位という規模を誇っています。同時に、取り扱っている通貨の種類が多く、他の取引所ではとりあつかっていないマイナーなコインもたくさんあります。取引ボリュームが多いということは、たくさんの買い手や売り手が取引をしているということなので、マイナーな仮想通貨の取引なら、Gate.ioを利用すれば買い手や売り手を素早く見つけることができるでしょう。

Gate.ioは近年注目されていますが、その理由は、マイナーなアルトコインの一種であるAeternity(AE)というコインを取り扱っているためです。AEというコインは価格変動が激しいことで知られていて、日によっては1日のうちに価格が15%以上変動することもあるという特徴があります。価格変動を利用して利益を出したい投資家にとっては、とても威力的な仮想通貨と言えるのではないでしょうか。このコインを取り扱っているGate.ioは、AEのようなマイナーな通貨で取引をしたい投資家にとっては、イチオシの仮想通貨取引所と言えます。