Sterlingcoinとは何か?




Sterlingcoinとは?

Sterlingcoinは2014年に公開された仮想通貨で、通貨単位は「SLG」を使っています。発行上限枚数は400万枚と制限されています。仮想通貨のなかではイーサリアムなどと並んで歴史のあるほうで、仮想通貨が世界的に認知された2017年には大きく高騰しており、多少の上下動はあるものの順調に成長している通貨です。

Sterlingcoinの3つの特徴
  • デジタル決済
  • 完全な非中央集権を目指す
  • 包括的なサポート

デジタル決済

Sterlingcoinは歴史の長い仮想通貨ですが、評価され始めたのは2017年に入ってからです。オフラインでもオンラインでも日常的な使用ができることを目標としている通貨です。

現在、日本でもビットコインはリアルな店舗での活用が始まっていますが、Sterlingcoinも同様に街中での買い物やサービスの提供、仕事に対する報酬として利用されることを目指しています。銀行や政府による干渉を受けずに、安価に価値のやり取りができるようにするというのがコンセプトです。

完全な非中央集権を目指す

Sterlingcoinは開発チームが中心となってサポートする体制が整っていますが、これは通貨のやり取りに介入したり手数料を徴収したりすることがありません。

通貨の管理は完全な分散化ネットワークによって維持されるため、どのような銀行であっても政府であっても介入できません。中央集権的な組織は存在せず、ユーザーのネットワークによって成り立っている通貨です。英国で生まれた通貨ですが、英国では仮想通貨に関する取引や交換、マイニングに関しては、日本の消費税にあたる付加価値税がかかりません。

包括的なサポート

Sterlingcoinは使い勝手を重視しており、誰にでも簡単にウォレットをダウンロードできて、すぐに日常の決済に利用できるようにしています。開発チームはユーザーの様々な疑問の解消に努めており、使い方からビジネスへの応用に至るまで包括的なサポートを受けることができます。

Sterlingcoinの価格推移と将来性

Sterlingcoin (SLG) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2014年に取引が開始されました。イーサリアムと同じ年に始まっていて、歴史の長い仮想通貨と言えるでしょう。取引開始後は大きく値を上げ、その後数年間は穏やかな高下を繰り返していました。仮想通貨全体の盛り上がりとともに、2017年から2018年初頭にかけて価格が高騰しています。その後降下していきますが、比較的高値をつけている点は評価出来るでしょう。

しかし、上場していた取引所から上場廃止となる点は注意すべき点でしょう。2018年11月9日をもって上場を廃止されることがCryptopiaから通告されているようです。現在は既に取引が中止されています。今年10月頃に発覚した動きのようなので、今後の情報収集には十分な注意が必要です。

Sterlingcoinはイーサリアムと同じくらいの歴史のある通貨で、仮想通貨のなかでは古参にあたります。それだけ信頼性もあることがうかがえます。各国で中央銀行や金融庁による規制が始まっていますが、Sterlingcoinはそういった動向に敏感に反応して対策をとっています。しかし、上記の通りCryptopiaから上場廃止の通告を受けている点は今後の取引にも影響を及ぼすでしょう。

Sterlingcoinの主な取引所
取引可能な取引所の情報はありません