仮想通貨InflationCoin とは




InflationCoinとは?

(インフレーションコイン)とは仮想通貨への投資により一獲千金を夢見る投資家向けに開発された仮想通貨です。通貨の名称の由来は仮想通貨の値上がりによる利益を意味するインフレーションという言葉です。ビットコインなどのメジャーな仮想通貨が台頭する中、(インフレーションコイン)はより安定した利益を生み出し、安全かつスピーディな取引ができる仮想通貨を目指しています。

InflationCoin(インフレーションコイン)の特徴
  • 供給量が多く新規参入でも安心
  • PoSによる取引で保有量に応じた報酬が得られる
  • マイニング可能で高度なセキュリティによる保護

莫大な供給量

InflationCoin(インフレーションコイン)が注目を集めている理由は供給量が非常に大きいことです。InflationCoin(インフレーションコイン)のコミュニティをチェックすると将来的な目標として100億通貨の流通を目指しています。仮想通貨の流通量を増やすことで、より身近な仮想通貨としての地位を確立し、かつより価値の高い仮想通貨として成長することが目的です。

PoSによる取引

InflationCoin(インフレーションコイン)の取引はPoSが用いられています。PoSは保有する仮想通貨の量に従って一定額のInflationCoinが供給される取引を指します。言い換えれば保有する仮想通貨の量が多くなればなるほど報酬が増えるため、より多くの仮想通貨を取得する必要があることがわかります。保有量を増やすためにマイニングが必要ですが、InflationCoin(インフレーションコイン)はマイニング可能ですから、より多くの収益を上げることもできます。

InflationCoin(インフレーションコイン)のPoSは高い利率が注目を集めています。投資を始めた最初の1年間は利率が800%という驚異的な高さが設定されています。供給量が多いため、より多くのコインを取得して1年目で莫大な利益を上げるということも決して夢ではありません。

高いセキュリティ

気になるのがセキュリティです。InflationCoin(インフレーションコイン)は高いセキュリティを実装しているだけでなく、秘匿性に優れているP2Pによる取引が可能です。第三者に盗み見される心配がなく、取引が漏洩することもありません。不正にコインを盗まれるといった被害も報告されていないため、安心して取引ができるようになっています。

InflationCoinの将来性

InflationCoin (IFLT) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始直後から大きく値動きがありました。2017年後半にかけて上昇傾向で推移していましたが、2017年末にかけて下降、その後2018年初頭に再度高騰しています。その後、2018年5月ごろにかけては下降していきましたが、7月ごろに一時的に価格が高騰しました。その後はゆるやかに下降して最安値を更新しています。

気になるのは将来的な供給量が100億コインということで、供給過多によるインフレリスクです。名称の通りインフレーションが実際に起きたときに、どの程度持ちこたえられるかは未知数なため、まだ流通量が少ない今が投資のチャンスといえるでしょう。Twitterの更新は2017年で止まっていますが、bitcointalkでは現在も議論が続いており、新しい更新もあるという情報もあります。取引を考えている方は要チェックです。

InflationCoinの主な取引所