BiosCrypto(バイオスクリプト)の取引方法は?




BiosCryptoとは?

(バイオスクリプト)はハイブリッドタイプのコンセンサスアルゴリズムを実装する仮想通貨です。通貨単位は「BIOS」です。現在、公式サイトなど閉鎖されており、情報入手が困難な仮想通貨です。

BiosCryptoの3つの特徴
  • ハイブリッドコンセンサスアルゴリズム
  • マイニング可能
  • 開発者やフォーラムはすべて閉鎖中

BiosCryptoは情報入手が困難

BiosCryptoは2015年に登場し、2080万枚の仮想通貨を発行しました。残念なことに現在BiosCryptoのウェブサイトは閉鎖されています。

さらに開発者に関する情報も公開されていないため、BiosCryptoに関する情報を入手できる手段は絶たれています。開発者サイドから情報が得られないのはデメリットが大きいといえます。投資を検討している場合は、リスクを十分承知の上で投資する必要があるでしょう。

マイニング可能な仮想通貨

BiosCryptoはコンセンサスアルゴリズムにPowとPoSの2種類を実装しています。

いわゆるハイブリッドタイプのコンセンサスアルゴリズムを導入することでセキュリティーを高めるだけでなく、マイニングを可能にしています。一般的に仮想通貨のマイニングは新規参入のマイナーが行うにはハードルが高く、メジャーな仮想通貨では不可能な状況にあります。

その点アルトコインはマイニングの参入余地がまだまだあるため、支払われる報酬を目的にマイニングに参加するマイナーが増加しています。

高速取引

BiosCryptoには高速取引を可能にするスクリプトが組み込まれています

トランザクションにおける高速化は仮想通貨の課題の一つです。ビットコインのトランザクションの遅さを体感した人であれば、BiosCryptoのトランザクションスピードの速さに驚かれることでしょう。ビットコインでは10分程度かかる取引がわずか1分程度で完了するからです。

情報はすべて遮断

BiosCryptoはウェブサイトだけでなく、フォーラムもすべて閉鎖されています。すなわちBiosCryptoに関する情報を得るための手段は非常に少ないことを意味しています。

2018年8月の時点で取引は行われていますが、値動きは非常に小さく、サポートも行われていないため、デッドコインとも言われています。

BiosCrypto将来の展望

BiosCrypto (BIOS) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年です。BiosCryptoは2017年12月の仮想通貨暴騰に合わせて一気に取引価格が上昇しました。それ以降価格は一転して下落基調にあり、仮想通貨バブル以前の価格に戻っています。またサポートも行われていないことを考えると、将来的に果たして生き残れるのかどうかは全く分からない状況です。

PoW/PoSのハイブリッドを導入していたり、高速通信が可能な仮想通貨は非常に魅力的ですが、仮想通貨の世界では、ビットコインの弱点を克服するために作られた仮想通貨も多く存在します。中には、その競争に負けていく仮想通貨も多く存在します。このような状況下で、BiosCryptoがこれらの機能を武器に今後も伸びていけるかどうかはわかりません。公式サイトが閉鎖されていたりサポート状況もよい状態とはいえない中、BiosCryptoが生き残っていけるかどうかも非常に不明確です。

CoinMarketCapに取引所の情報がないため、どのような取引状況なのかがわからないのが現状です。

ラベル名
取引可能な取引所の情報はありません。