Pantera Capitalによる資金調達は何を意味する?




 

この記事のポイント

・Pantera Capitalによる資金調達
・Pantera Capitalの本気度
・仮想通貨の可能性

Pantera Capitalによる大規模投資

仮想通貨バブルの崩壊とともに下落傾向が続く仮想通貨市場。ネガティブなマインドが市場を支配する状況が続いていますが、そのような中でも積極的に仮想通貨に投資する動きがあることも見逃せません。Pantera Capital(パンテラ・キャピタル)はこのほど約180億円の資金調達を行ったことを明らかにしました。Pantera Capitalといえば仮想通貨ヘッジファンドを運営する企業で、これまでも仮想通貨に対する積極投資で注目を集めてきました。

Pantera Capitalによる投資先

今回Pantera Capitalが実施した資金調達の規模は過去最大で、これまでも通算で72億円もの資金調達を実施してきました。調達した資金はブロックチェーン企業株を購入することです。つまりPantera Capitalは仮想通貨の可能性をあきらめておらず、投資対象として十分であることを認めていることになります。しかもPantera Capitalが行う投資はいわゆるICOとはまったく違う投資であることから、市場関係者もPantera Capitalの本気度を認めている訳です。

投資家の見方

仮想通貨への投資をあきらめない姿勢は、ビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨の下落に逆行する動きに見えますが、仮想通貨の可能性がまだまだ十分あると言うことも認める必要があります。今の仮想通貨の下落傾向をむしろ投資のチャンスととらえる投資家もいるため、仮想通貨は先行きがないという考え方は必ずしもその通りだとは言えないことがわかります。

現在の仮想通貨市場価格は、仮想通貨の実際の価値を認めた結果だとみる投資家もいます。これはどのような意味かというと、これまでの仮想通貨の異常なまでの高騰はいわゆるバブルに過ぎず、現在の価格が本来の仮想通貨のポテンシャルであるということです。もちろん先行きを見通すことはどんなに優れたトレーダーであっても不可能であるため、現実的な見方を持つことも大切でしょう。

仮想通貨界をリードする企業が積極的に投資を行うことは、仮想通貨市場の負のマインドを転校させる可能性を秘めているため、今後の市場の動きに注目が集まっています。ちなみに現在の大幅な仮想通貨の下落はイニシャル・コイン・オファーリングとよばれる投資方法が原因とされていて、この動きが落ち着くことで下落が止まる可能性が高いと市場関係者は見ています。