Internet of Peopleは商用アプリのライブラリとなり得るアルトコイン




(インターネットオブピープル)とは、その名の通り世界中の人々が経済活動で利用可能なプラットフォームを提供するアルトコインです。

アルゼンチンの起業家によるフェルマー社が生みの親となっています。

Internet Of Peopleの特徴について

・全世界を繋ぐP2Pによる経済自由化を目指すフェルマープロジェクト
・高度にカスタマイズされた商用アプリのライブラリ化
・PoW&PoSハイブリッドによる取引承認システム

全世界を繋ぐP2Pによる経済自由化を目指すフェルマープロジェクト

フェルマープロジェクトとは、ユーザーとユーザーをダイレクトに連結させるP2P式のオープンソースブロックチェーンによって、Webサーバを一切介さない独立したデバイス間通信を可能にするプロジェクトです。

つまり全ユーザーが各々のコンテンツを配信して、チケット販売やオンデマンド配信、商品の販売など、ありとあらゆるサービスのやり取りが行えるプラットフォームを提供します。

中間マージンが発生しないシンプルなビジネスモデルが完成し、利用者すべてに有益な経済活動を提供します。

高度にカスタマイズされた商用アプリのライブラリ化

Internet Of Peopleの大規模なオープンソースプロジェクトによって、コンテンツ所有権はエンドユーザーからダイレクトに料金を徴収できます

この仕組みは企業・営業のハードルを非常に低くする効果と、ハイリターンによる経営の安定化が得られます。そういった商用アプリがIOCトークンによってインデックスされますから、プラットフォーム自体は巨大な商用アプリのライブラリ化を進めていきます。

PoW&PoSハイブリッドによる取引承認システム

Internet Of Peopleは取引の承認をPoW&PoSハイブリッドシステムで運営します。

これはビットコインのマイニング方法を基礎にしてはいますが、マイニングボリュームなどに規制を掛けてPoSにより近づけた形にコントロールされるのです。

つまりASICによるマイニングが存在せず、一般的なパソコンが使用しているCPU・GPUの集積回路レベルでのマイニングが可能になっています。全ユーザーがマイニング報酬を得られるシステムということです。

また取引完了までのタイムラグが60秒まで短縮されています。

Internet Of Peopleの購入可能な取引所

Internet Of People (IOP) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

現時点で国内での取扱が無いInternet Of Peopleは、海外取引所のUpbitやBittrexやBiteBTCなどから購入してください。