世界的投資家のTim Draper氏が設立した投資ファンド「Draper Associates」




 

ごく初期の段階からビットコインを奨励し、巨万の富を築いた世界的投資家のTim Draper氏により、1985年にアメリカ・カリフォルニア州のSan Mateoにて設立されたのが投資ファンドの「Draper Associates」です。

Draper Associatesについて

・1985年の設立以降テクノロジー分野への投資を積極的に行う
・ブロックチェーン技術関連会社への投資も積極的
・投資先の参考に

1985年の設立以降テクノロジー分野への投資を積極的に行う

1985年の設立以降、Draper Associatesはベンチャーキャピタルとして多くの起業家に投資してきました。特に、新しいテクノロジーを用いる分野への投資に積極的で、これまで同社の資金を受けて多くの企業が大規模な成長を遂げるとともに、多くの仕事や富を創出しています。Draper Associatesは、興味深い事業には常にオープンな姿勢で臨み、これまで新しいヴァーティカルマーケット(垂直市場:同種の製品やサービスを同じ手法で開発し、同じ顧客に販売する形態の企業からなるマーケット)をいくつも開拓してきました。そんなかでもDraper Associatesが投資に力を入れているのが、コンシューマーテクノロジー、金融テクノロジー、ヘルスケア、教育や政府主導のテクノロジーです。ここ数年では、特にブロックチェーン技術関連の企業に積極的に投資を行っています。

ブロックチェーン技術関連会社への投資も積極的

Draper Associatesが最初にブロックチェーン技術に投資したのは、2014年のAugmate社(企業向けのIoTやウェアラブルデバイスの開発会社)に対してのものです。それ以来、15以上のブロックチェーン技術関連の投資を行い、そのなかには、ビットコイン取引所「Coinbase Exchange」で知られる、仮想通貨分野では初のユニコーン企業(非上場で10億ドル以上の企業価値を持つ企業)となったCoinbaseも含まれます。今後も積極的にこの分野への投資を行っていく姿勢です。

投資先の参考に

変動の激しい仮想通貨業界において、今後どの銘柄に将来性が期待できるのか、それを判断するのは非常に難しいことです。これから仮想通貨への投資を始めようという方は、仮想通貨やブロックチェーン技術に精通した投資のプロであるDraper Associatesのようなベンチャーキャピタルの投資先に注目するとよいでしょう。ネットの不確かな情報より信頼性は非常に高いです