TezosのWalletの一つ・Tezos.Blueとは?




この記事のポイント

・Tezosの中でも最も安全なソフトウェアWallet
・動画で使い方を詳しく解説
・マイクロソフトやGoogle Playでダウンロードが可能

最近注目を集めている仮想通貨のWallet

仮想通貨の中でもTezosは注目を集めています。2017年7月にICOを行ったのですが、この時実に当時のレートで200億円以上の資金を集めることに成功しました。ビットコインやイーサリアムの持つ問題点を解決するために開発されたこと、InriaというフランスのIT研究所と提携したことで注目を集めました。一時期内紛が起こりトークンの配布が滞り、訴訟問題に発展したこともありました。しかし2018年6月30日には、メインネット移行前の最終テストをリリースして、また期待が徐々に高まっています。

このTezosでは、利用可能なWalletがすでにいくつかあります。その中の一つとして、.Blueがあります。Tezos.Blueはソフトウェアウォレットの一種です。ソフトウェアウォレットといわれると、資金流出などのリスクが心配という人もいるでしょう。しかしTezos.Blueの運営者はセキュリティ対策は万全に行っているといいます。その結果、最も安全に利用できるウォレットであるとして注目を集めています。ちなみにTezos.Blueですが、マイクロソフトとGoogle Playからダウンロード可能です。2018年11月現在、iOSのバージョンについては、テストフライトプログラムからのみ入手可能になっています。しかしこれも今後改善の進む可能性は高いです。

どのようなセキュリティ対策を行っている?

Tezos.Blueは先ほども紹介したように、最も安全なソフトウェアウォレットであるとされています。なぜそのように言えるのか、まずはネイティブアプリの開発によって、オペレーティングシステムは高いレベルで保護されているからです。さらにメモリとデバイスストレージのキーをマルチレベルで暗号化を行いました。いくつものハードルをクリアしなければならないので、ハッカー攻撃を仕掛けても資金が流出してしまうことはまず考えにくいです。

利便性の高さもTezos.Blueが注目を集めている理由です。Tezosネットワークとは双方向接続を常に行っています。情報についてもほぼリアルタイムでやり取りしているので、コイン購入すれば速やかのウォレットの中に入金反映されるでしょう。