NYCEDCの広報部門責任者Anthony Hogrebe氏




 

Anthony Hogrebe氏は、New York City Economic Development Corporation(ニューヨーク市経済開発公社:NYCEDC)の広報部シニア・バイスプレジデントです。ニューヨーク市をブロックチェーン産業の世界的拠点にするため、NYCEDCを代表して同市のスタートアップ企業をサポートしていく姿勢を表明しました。

Anthony Hogrebe氏が広報を務めるNYCEDCのブロックチェーン産業への取り組み

・ブロックチェーン産業に人材を集めるイベントを主催
・ブロックチェーンセンターを設立し人材を育成する計画

ブロックチェーン産業に人材を集めるイベントを主催

Anthony Hogrebe氏はNYCEDCの広報の代表としてNYCEDCの知名度を高め、その活動を推進していくためNYCEDCのオフィシャルなアナウンスメントの責任を担う人物です。これまで何度かNYCEDCのブロックチェーン産業とのかかわりについて発言してきたHogrebe氏は、2018年5月にNYCEDC主催によりニューヨーク市で開かれた「ブロックチェーンウィーク」というブロックチェーン関連企業の一大イベントでも、同社を代表してニューヨーク市とブロックチェーン産業について発言しました。そこでは、NYCEDCはニューヨークをブロックチェーン産業の首都にするため、できるだけ多くのブロックチェーンスタートアップ企業を呼び込み、サポートしていくという姿勢を打ち出しています。また、ニューヨークはすでに世界的にも存在感のある都市ながら、新興市場であるブロックチェーン産業については、「我々が戦略的に投資してリードしていかなければならない。さもないとニューヨークがこれからの重要な市場を失うことにもなりかねない」とも述べました。

ブロックチェーンセンターを設立し人材を育成する計画

実際、ニューヨーク市でのブロックチェーン関連の雇用率はアメリカのどの都市よりも高く、以前はこの分野の需要ナンバーワンだったサンフランシスコのベイエリアよりも高くなっています。こうした背景を受けて、NYCEDCは、2019年にマンハッタンにてブロックチェーンセンターをオープンしました。ベンチャーキャピタルのフューチャー・パーフェクトベンチャーズなどと提携し、ニューヨーク市からも寄付を受けて、ソフトウェア開発者の養成などに取り組んでいきます。2019年秋には、同センターにてブロックチェーンを用いたテストを行う計画とのことですが、具体的にどのようなテストが行われるのかは現時点で不明です。