アルトコインにはどんな通貨がある?投資の際には注意が必要!




Bitcoinの誕生後、Bitcoinの欠点を克服したり独自の機能を実現するために多くの仮想通貨が開発されました。

それらは「アルトコイン(Altcoin)」と総称され、代表的なものとしてはEthereum、、XEMなどが挙げられます。

現在も常に新規開発が進められていますが、ICOや取引所で購入できるものばかりでなく地域や特定コミュニティの間のみで地域通貨のように流通しているものもあるため、その総数は定かではありません。

仮想通貨で大きな利益を得るには、アルトコインに着目する必要があるでしょう。

アルトコインにはどういったものがあるのか

アルトコインにはBitcoinに代わる決済手段として開発されたものから、ブロックチェーン技術を活用して生活をよりよくするもの、不動産売買など特定のジャンルに使われるものまで様々なものがあります。

使用されるプラットフォームやセキュリティシステムなどもアルトコインによってまったく変わってくるため、用途に合わせてアルトコインを使い分けることで日々の生活をより豊かにすることができます。

主なアルトコインとしては以下のようなものが挙げられます。

Ethereumは分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトといった特徴を有するイーサリアム・ネットワーク上にプログラムを記述するプラットフォームを提供するプロジェクト、および仮想通貨の名前です。

独自のプログラミング言語を利用することで共通の規格を持つ仮想通貨を簡単に作ることができ、現在のアルトコインもEthereumベースのものが多いです。

厳密にはイーサリアム・ネットワーク上で手数料として流通する「Ether」という仮想通貨を取引しています。

Ripple

Rippleはコルレス銀行に代わる新しい外国為替・国際送金の仕組みとなるネットワーク「RippleNet」を作るためのシステムです。

Bitcoinも新しい送金の仕組みを作るための仮想通貨でしたが、スケーラビリティ問題による送金の遅れや消費電力がネックとなっていましたが、Rippleは独自のコンセンサスアルゴリズムを採用することで、送金速度をわずか数秒にまで短縮しています。

現在Rippleは世界中の銀行と提携して実証実験を行っており、日本でもSBIホールディングスとみずほ銀行が参加しています。

XEM

XEMはシンガポールのNEM財団が開発した仮想通貨です。

PoIという独自のコンセンサスアルゴリズムとハーベスティングと言う独自のブロックチェーン承認作業で、Bitcoinのマイニングの問題点である消費電力の大きさや参入障壁の高さを克服しています。

またアポスティーユ(公証)機能という機能を使うことで公文書や重要な契約など「絶対に改ざんできない」文書を保護することができます。

2018年1月に発生したcoincheckの不正流出事件では580億円規模のXEMが流出したことで話題となりました。

Monacoinは日本最大のインターネット掲示板「5ちゃんねる」を発祥とする、日本発としては最大規模のアルトコインです。

Litecoinをベースに開発されましたが、segwitを実装しており通信速度はBitcoinやLitecoinよりも早くなっています。

インターネット掲示板を発祥とするがゆえの根強いコミュニティを最大の特徴としており、色々なMonacoinグッズや、Monacoinで決済できる「モナバー」など独自のサービスがコミュニティで展開されています。

アルトコインの投資には勉強が必要

価格が高く、なおかつ長引く不況でなかなか相場の上向かないBitcoinと比べ価格の低いアルトコインは仮想通貨投資のいい対象と言えます。

ただしアルトコインの投資には2点注意することがあります。

ひとつは、アルトコインはBitcoinと比べて市場規模が小さいため価格が不安定になる点です。

ニュースひとつで価格が高騰することもあれば、暴落することもあります。

XEMはcoincheckの不正流出によって、セキュリティ面を不安視することによる売りが相次ぎ価格を90%以上下落させました。

もうひとつが詐欺コインの存在です。

アルトコインの中には特に小規模な「草コイン」と呼ばれるものがあり、小さな元手で大きな利益を得るために投資する人は少なくありません。

ですが草コインの中にはでたらめなホワイトペーパーを示してローンチする気のないICOでお金をだまし取ろうとする「詐欺コイン」も少なくありません。

またちゃんとしたICOでもプロジェクトの遅れによって、通貨そのものが立ち消えになることもあります。

アルトコインは私たちの生活をよりよい形に変える可能性を秘めており、将来的には大きな価値となるかもしれません。

しかし玉石混交のため、投資の際には評判を調べホワイトペーパーにもしっかり目を通して、本物かどうかを見極めなければなりません。