Jalak Jobanputra氏率いるベンチャーキャピタル「フューチャー・パーフェクトベンチャーズ」




 

フューチャー・パーフェクトベンチャーズは、2014年に設立されたニューヨークに本拠を構えるベンチャーキャピタルです。ブロックチェーン技術のためのファンドを最初期に立ち上げたJalak Jobanputra氏を創業者とし、積極的にブロックチェーン技術関連に投資を行っています。2019年にはニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)と提携してニューヨーク市にブロックチェーンセンターを設立しました。

フューチャー・パーフェクトベンチャーズについて

・最初期からブロックチェーン関連企業に投資してきた女性起業家率いるベンチャーキャピタル
・ニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)と提携してブロックチェーンセンターを設立

最初期からブロックチェーン関連企業に投資してきた女性起業家率いるベンチャーキャピタル

フューチャー・パーフェクトベンチャーズの創業者であるJalak Jobanputra氏は、投資銀行でキャリアを積んだ後、90年代後半から積極的にスタートアップ企業への投資を開始しました。2013年に仮想通貨の可能性を知った彼女は、最初期にブロックチェーン技術特化のファンドを組成します。この時期に仮想通貨やブロックチェーン技術に関心を持つ投資家は多くありませんでしたが、彼女は、自身の移民としてのバックグラウンドと、新興国でもシリコンバレーでもキャリアを重ねてきた経験により、世界の動きをマクロ的な視点から見る能力を獲得。それゆえ、この新たな領域に進出することを決意できたといいます。そして、2014年にフューチャー・パーフェクトベンチャーズを設立します。同社には、クリス・ディクソン、クリス・サッカ、マーク・アンドリーセンといった著名投資家も積極的に出資しており、今後は5000万ドル規模の資金調達を目指しているとのことです。

ニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)と提携してブロックチェーンセンターを設立

そんなJalak Jobanputra氏率いるフューチャー・パーフェクトベンチャーズは、2019年初頭、ニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)と提携して新しいブロックチェーンセンターをニューヨーク市にオープンしました。ニューヨーク市も10万ドルを寄付したこのセンターでは、ソフトウェア開発者を対象にさまざまな講座を開設します。また、今後も企業との提携を続け、資金を調達していく計画があります。Jobanputra氏は、すでにIBMやマイクロソフトと提携を結んだことを語っています。また、2019年には新しいテクノロジーのユースケースのテストを実施する計画があるとのことです。