GeminiドルはWinklevoss兄弟の仕掛けた次世代通貨戦略!




仮想通貨取引所Geminiの創設者はWinklevoss(ウィンクルボス)兄弟は仮想通貨の売却で大富豪になった人物ですが、2018年9月に安定仮想通貨となりうる「ジェミニドル(GUSD)」をリリースする旨を発表しています。

この記事のポイント

・Winklevoss兄弟が発行するジェミニドルとは
・米ドルとブロックチェーン技術のコラボを可能
・Geminiが発行するジェミニドルの将来性とは

Winklevoss兄弟が発行するジェミニドルとは

このコインは、米ドル(USD)と連動するシステムを持って価値担保がなされるStable Coin(ステーブルコイン)で、世界で初めてアメリカ規制当局であるニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から許可を受けた、いわゆる法定通貨の担保をもつクリプトコインとなります。ちなみにステーブルコインとは、法定通貨などと連動されて価格が一定となるコインのことで、これまでの仮想通貨の異常な価格変動を是正するコインとして高い評価が与えられています。

米ドルとブロックチェーン技術のコラボを可能

このジェミニドルは、世界通貨としてのクレジットを有する米ドルとブロックチェーン技術のコラボを可能にした画期的な仮想通貨と高い評価を受けています。経済学者の間でも、『分散型のオープンソースで流通する信頼度の高い米ドルのデジタル通貨はこれまでになかった』と注目が集まっているのです。具体的には、Ethereumブロックチェーン上のERC20トークンとニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の監督による安定通貨の位置付けで、取引所Geminiのユーザーがウォレットに米ドルを入金して、EthereumのアドレスからGUSDを取得するシステムとなっています。

Geminiが発行するジェミニドルの将来性とは

Winklevoss兄弟はこれまでに何度かビットコインETF申請を米国証券取引委員会(SEC)に提出してきましたが、その度に却下されてきた経験があります。そんな中でリリースされたのがこのジェミニドルなのです。

注目できるのは、コインのクレジットとしてアメリカの銀行で実際に担保となるドルが保管され、連邦預金保険公社(FDIC)からライセンスが与えられている事です。またGemini取引所でも独立した公認会計士事務所を設置して、月毎にレポートを公表して透明性を確保するようにします。またGUSDのスマートコントラクトに対しては、第3者の警備会社に厳しく監査させる用意もあると説明しています。

この様なスペックをもつジェミニドルは、今まさに実際に流通する仮想通貨の先駆けとして自ら将来性を発揮しようとしています。