仮想通貨LUXCoinとは




LUXCoinはマイニング可能でかつウォレットに貯めておけば利子が得られる「一粒で二度おいしい」仮想通貨です。LUXCoinは2017年10月に登場した新しい仮想通貨の一つで取引量はまだ少なく、今後価格が上昇する見込みが大きい通貨として注目されています。ハイブリッド通貨とも揶揄されるLUXCoinですが、具体的にどのような特徴があるのかについてはまだ情報が乏しいのが実情です。

LUXCoinの特徴

マイニングが可能
PoSによる利息が受け取れるシステム
秘匿性の高さ

LUXCoinはマイニングによる採掘が可能なため、マイニングを試す投資家も少なくありません。ただしマイニングできる通貨の上限が決まっているため、上限に達してしまうとマイニングが不可能になってしまう可能性があります。ただしこれはまだ確定情報ではなく、さらに採掘できる可能性がないとも限らないため、今後の進展を見守る必要があります。

PoSを実装

LUXCoinは銀行の利子のような働きをするPoSと呼ばれる機能が実装されています。PoSは一定期間ウォレットに仮想通貨をプールしておくことで、定期的に報酬が加算される仕組みです。これを活用するなら、銀行預金のように仮想通貨を「預金」して元本を増やすことも可能です。ただしウォレットを36時間以上オンラインにしておくなど、PoSが発生するまでに時間がかかるのが難点です。

LUXCoinはマスターノードを設定することで秘匿性を保つことができます。他の仮想通貨とは異なり、取引の追跡がしにくいため、個人が特定されるなどのリスクを回避できるようになっています。これはマスターノードを利用した取引を行う他の仮想通貨と同じことなのですが、マスターノードとなっている投資家は他のノードよりもプラスアルファの報酬が受け取れるようになっています。

LUXCoin (LUX) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

高度な暗号化技術を採用し、マスターノードを利用していることから、セキュリティ面は万全であるといっても過言ではありません。2018年の時点でパートナーシップを結んでいる法人はありませんが、今後の展開としては高度な暗号化技術と銀行が採用しているのと同様のセキュリティシステムを実装していることから、LUXCoinとの取引を始める法人が増加するとの楽観的な見方が市場に広がっています。これを裏付ける事実として、2018年1月にLUXCoinの価格が暴騰したというケースがあります。それ以降値動きは安定していますが、今後さらに大きなイベントが発生する場合、さらなる価格の暴騰が見込めるといえるでしょう。