Ethbitsは利益を挙げやすいプラットフォームを提供する仮想通貨




仮想通貨へ投資するうえで大切なことはより効率のいい投資をすることです。

同じ金額を費やしたとしても、熟練したトレーダーはより多くの利益を出すことが可能です。

今回紹介する仮想通貨Ethbitsは初めて取引をするような人でも利益を挙げられるような取引のプラットフォームを提供します。

Ethbitsについて
・Ethbitsの提供するプラットフォーム
・Ethbitsは投資ファンドを営む
・Ethbitsの価格推移と購入方法

Ethbitsの提供するプラットフォーム


Ethbitsは2018年から「コピー取引プラットフォーム」と呼ばれる取引プラットフォームを採用しています。

これは取引量の多い、大口のトレーダーが行ったトランザクションをすべてのトレーダーがコピーして同じように取引することができるプラットフォームで、初心者でも自分の取引の詳細な履歴を確認し、取引量の多いトレーダーのノウハウを利用することができるようになります。

コピーされたトレーダーもコピーされた数や条件などに応じて、報酬を受け取ることができます。

そのため誰でも効率的に利益を得られる取引が可能です。

このプラットフォームは利用者だけではなく、Ethbitsネットワーク側にもネットワーク全体が健全かつ効率よく運用されるなど双方にメリットがあります。

「コピー取引プラットフォーム」はEthbitsの前にオンライン取引をサポートするeToroという企業が最初に導入したもので、eToroは2007年の設立後10年で140か国にまで進出しました。

素晴らしい前例のあるプラットフォームを導入したEthbitsの将来性は高いでしょう。

Ethbitsは投資ファンドを営む


Ethbitsは「コピー取引プラットフォーム」のほか、ネットワークの参加者から資金を募って仮想通貨へ投資をするファンド事業を営んでいます。

このファンドはBitcoinやEthreumなど時価総額5位以内の通貨に絞って投資を行う安定性のあるもので、ファンドへの参加者は資金としてEthbitsコインを支払うことで、自動的に配当を得ることができるようになっています。

Ethbitsのファンドは利益の40%をファンドの運営と投資家の間で共有する方針を立てており、仮想通貨特有の非中央集権的な仕組みの下、利益配分を公平に行っています。

Ethbitsでは「コピー取引プラットフォーム」とファンドによって、自分で投資をするのが不慣れな人でも利益を得やすいような仕組みができあがっていると言っていいでしょう。

またEthbitsはブロックチェーンを使った決済システムを持つMyceliumカードと統合しており、Ethbitsで得た利益を気軽に実生活に還元することができるようになっているのも特徴です。

Ethbitsの価格推移と購入方法


Ethbits (ETBS) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
Ethbitsは2017年10月に公開され、2017年12月から2018年1月にかけて大きく価格を高騰させました。

しかし現在では公開当初よりも低い価格に落ち着いています。

Ethbitsは利益を挙げやすく、オンラインでもオフラインでも安全に取引をできる仕組みを確立させています。

今後仮想通貨市場が再び盛り上がれば、価格が上昇する可能性もあるでしょう。

EthbitsはTwitterやFacebookで最新情報を発信しているので、興味のある方は見てみるといいでしょう。

Ethbitsは日本の取引所では取引することができないので、海外の取引所へBitcoinやEthreumを送って交換してください。

Ethbitsを取引できる取引所
・BITBOX
.com
・Coinexchange