仮想通貨取引所キャリアEQ(エアフォックス)への罰金処分




 

この記事のポイント

・アメリカ証券取引委員会によるキャリアEQに対する罰金命令
・無登録ICOによる資金調達の実態
・アメリカ証券取引委員会による監視がもたらす安心感

無登録ICOを実施したキャリアEQに対して罰金処分

アメリカ証券取引委員会はこのほど無登録でICO(イニシャル・コイン・オファリング)を行ったとして仮想通貨取引所キャリアEQ(エアフォックスとしても知られている)とその他1社に対して罰金処分を科しました。アメリカ証券取引委員会による無登録ICOに対する罰金処分は今回が初めてのケースで仮想通貨市場関係者の間に衝撃が走りました。

仮想通貨が監視対象になる

仮想通貨に対しては株価の取引とは異なるという見方があるため、ICOによる資金調達に対しては強く出る姿勢を押さえてきました。ところが今回のアメリカ証券取引委員会による処分はその考えを覆すものとなり、仮想通貨が有価証券同様当局の監視対象になることが明らかになりました。これは仮想通貨の地位向上にもつながるため、市場関係者や投資家たちはプラスマインドとして受け止めています。

今回の処分によりキャリアEQ者側はICOによる資金調達に協力した投資家たちに対して返金措置をとることを明らかにしています。さらに当局に対して罰金を支払うことについても同意しています。本来であればICOの登録をすべき案件だったものの、それを満たしていないことが明らかになり、仮想通貨の運用を適切なルールに基づいて行うべきであることが強調される形になりました。

無登録ICOの実態

ICOについては法令を遵守する企業がある一方で、法令に抵触する企業が後を絶ちません。このような負の状況を解決するためには当局が実力行使することが一番の解決策であるため、今後は合法的に運用を行う企業が増加することが期待されています。仮想通貨に対する規制をしっかりと行うことで、社会的に認められた資産であることが明らかになったのです。

市場にもたらされる安心感

ICOによる資金調達では詐欺事件が相次いでいることから、投資家たちの間から不満が噴出している状況が続いてきましたが、アメリカ政府が本腰を入れたことから安心感が広がり、仮想通貨への投資がさらに増えることが期待されています。仮想通貨バブル崩壊のきっかけにもなったと言われる無登録ICOに対する処罰事件が一段落することで、仮想通貨の市場価格が上昇する可能性についても期待が集まっています。