オンラインショッピングサイトQoo10と韓国ビッサムの提携について





この記事のポイント
1.Qoo10がビッサムと提携して仮想通貨決済に乗り出す
2.Qoo10とは何か
3.韓国の大手仮想通貨取引所であるビッサムとは

1.Qoo10がビッサムと提携して仮想通貨決済に乗り出す

2018年11月、「アジアのAmazon」という異名を持つ、大手オンラインショッピングサイトであるQoo10が、韓国の大手仮想通貨取引所であるビッサムと提携して、仮想通貨決済を導入するという発表をしました。この提携については、同年8月から本格的に話し合いがなされており、今回の合意で、アジアという大きな商業圏での仮想通貨マーケットの更なる広がりが期待されています。この提携が上手く行けば、ビッサムキャッシュは韓国国内に止まらず、世界中に広がっていき、グローバルに使用される仮想通貨となるきっかけとなるでしょう。

2.Qoo10とは何か

Qoo10はアメリカに本社を置くeBayが運営するオンラインショッピングサイトです。日本のオンラインショッピングサイトにおける流通総額で見ると、1位の楽天、2位のAmazon、3位のYahoo!ショッピングにつぐ、第4位にランクインしています。Qoo10の魅力は何と言っても、ユーザーへの利益還元システムで、例えば、毎日クーポンを発行したり、或いは新規ユーザー割引があったり、最安値を保証したりなど、ユーザーがショッピングを楽しむ仕掛けを多く仕込んであるのが、Qoo10オンラインショッピングサイトの特徴と言えるでしょう。「今日のコスパを掘り出そう」というモットーを掲げている通り、コスパを意識した戦略をしているショッピングサイトなので、流通総額でいうと楽天やAmazonに劣りますが、ショッピング通の人たちに大変受けているオンラインショッピングサイトの構成になっています。

3.韓国の大手仮想通貨取引所であるビッサムとは

ビッサム(Bithumb)は、KorbitやCoinoneと並んで韓国の三大仮想通貨取引所として有名であり、2018年1月時点で、取引量は韓国全体の中の約76%を占めている、最大手の仮想通貨取引所です。ビッサムが取り扱っている仮想通貨はビットコインやイーサリアムなどの12種類の仮想通貨で、日本語を含む6ヶ国語に対応しています。今回のQoo10との提携だけでなく、アメリカのフィンテックのSeriesOneと提携して、アメリカでセキュリティトークン取引所を開始する計画も進めており、グローバルな展開に力を入れています。