BriaCoinとは何か?




BriaCoinとは?

BriaCoinは、2017年6月に取引が開始された仮想通貨で、通貨単位は「BRIA」になります。

まだ歴史は浅いですが、中央集権的な通貨ではなく参加者の誰もが利益を生み出せるように設計されており、新しいスタイルの仮想通貨として評価されつつあります。

この記事では、BriaCoinの3つの特徴について紹介します。

BriaCoinの3つの特徴
  • 特徴的なコミュニティ
  • 安全な取引環境
  • マイニングが簡単

特徴的なコミュニティ

仮想通貨で問題視されることのひとつは、特定の個人やグループに利益が集中してしまうことです。仮想通貨で報酬を得るには、マイニングによって新しいコインを新規発行してもらう手段がありますが、これには膨大なCPUと電力が必要になります。

BriaCoinでは、コミュニティのメンバーはこの作業に参加せずに取引の報酬を得るという「MAN-BANK」という方式を採用しています。大きなコンピューターのリソースが不要で、作業しやすいように設計されている通貨です。

安全な取引環境

BriaCoinには、イーサリアムのようなスマートコントラクト機能が搭載されており、活発なコミュニティを形成してメンバー同士のやり取りが安全に行われるように配慮されたシステムになっています。

ユーザーはスマートコントラクトで義務が課せられるとともに、広告のネットワークを通して現金が提供されます。広告とマーケティングがアルゴリズムに組み込まれており、成長すれば大きな価値を生み出すことが期待されています。

スマートコントラクトとは?
スマートコントラクトとは契約の自動化(自動実行される契約)といえます。ここでいう「契約」とは、書面上で作成された契約のみをさすのではなく、「取引行動全般」をさします。つまりあらゆる契約行動をプログラム化し、自動的に実行しようとするものがスマートコントラクトです。 【5分で速攻理解する】そもそも「スマートコントラクト」って何?

マイニングが簡単

多くの仮想通貨は、マイニングに「PoW(Proof Of Wark)」というアルゴリズムを採用しています。これは大きなリソースが必要で、会社や企業単位でないと利益が生まれません。BriaCoinは「PoS(Proof of Stake)」というシステムを採用し、新しいコインの採掘が個人単位でも可能になっています。

BriaCoinの将来性

BriaCoinは、取引やコインのやり取りに広告ネットワークを組み込んだ仮想通貨で、マイニングも素人が参加できます。複雑な計算が不要で大きなリソースを必要としないからです。

そして今後は様々なサービスやプロジェクトで大きな役割を果たすことが期待されています。取引所での投資対象、ペイメントシステム、広告サービスとしても利用価値が高いと考えられており、更にソーシャルネットワークの決済などにも利用されていくことが考えられます。チャート上はまだ大きな動きはありませんが、今後の価格の推移に注目したい通貨です。

BriaCoinは差別化が課題

BriaCoin (BRIA) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2017年に取引が開始されました。取引開始後は大きく値動きがあり、価格が高騰しました。一時は数千倍に迫る勢いで高騰しています。その後下降しますが、数カ月後に再度大きな値動きがありました。その後、大きなボラリティなく現在も推移しています。

新しいスタイルの仮想通貨を謳うBriaCoin。しかし、PoSやスマートコントラクトなど、比較的新しい仮想通貨にはよく搭載されている機能です。今後は、他の仮想通貨との差別化が必要となってきます。

BriaCoinの主な取引所