GlobalTokenはスケーラビリティ問題を解決するのか?




GlobalTokenとは?

GlobalTokenは、2017年に公開された比較的若いアルトコインです。通貨単位は「GLT」です。取引の時間が短く、即時送金が可能な仮想通貨で、Bitcoinのデメリットを解消しています。

GlobalTokenの3つの特徴
  • GlobalTokenはブロックチェーンの問題を解決する
  • GlobalTokenはBitcoinの10倍のスピードを持つ
  • GlobalTokenはSegwitを導入してスピードアップを図った

一体、GlobalTokenの将来性はどうなっているのか?検証していきます。

仮想通貨の基礎・ブロックチェーンの問題とは

仮想通貨の元祖であるBitcoinはブロックチェーンという技術を機関技術として開発され、発展してきました。

ブロックチェーンは、取引の情報をブロックにしてチェーン状に繋げ、それを全てのコインに分散することで、偽造などを防ぐ技術です。そのため、取引ごとに不正がないか、全てのブロックを検証する作業「マイニング」が必要になります。

取引が活発になると様々な問題が出てきました。それは、マイニングにかかる時間と電力量です。ブロックの数が増えると検証するのに膨大な計算が必要になります。性能の良いコンピューターを長い時間稼働させなくてはならないので、非常に電力がかかります。さらに、検証に時間がかかれば取引自体に時間がかかるようになってしまいます。

さらに、取引が煩雑になれば、取引にかかる手数料が高騰していく傾向になります。

これらの「スケーラビリティ問題」により、かつては世界中にすばやく、かつ安価で送金できることが利点だった仮想通貨も、その利点を失っていくことになったのです。

その問題を解決するために、様々な仮想通貨が生まれました。そのひとつがGlobalTokenです。

GlobalTokenはBitcoinの10倍速い

GlobalTokenは、Bitcoinと同じSHA256アルゴリズムを採用し、Bitcoinと同様PoWによって検証される仮想通貨です。しかし、公式ホームページでは、Bitcoinの10倍速く処理できると謳っています。

その秘密は、GlobalTokenに採用されたSegwit技術にあると思われます。

Segwitとは、スケーラビリティ問題を解決するために開発された技術です。取引によって発生する情報を、ブロックに収納する前に圧縮して、1つのブロックにより多くの情報を搭載出来るようにする技術です。

この技術を採用することによって、GlobalTokenはBitcoinの10倍のスピードを手に入れ、取引のスピードアップを実現し、手数料を安く抑えることが出来るようになりました

現在も少しずつ値を上げているGlobalTokenは、このような技術の将来性が期待されているのでしょう。

GlobalTokenの将来性

GlobalToken (GLT) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始から大きく値をつけ高騰しましたが、徐々に落ち着いていきました。しかし、2017年末から2018年初頭にかけて、仮想通貨全体の盛り上がりとともに更に価格が高騰していきました。現在は下降傾向ですが、比較的高めの価格で推移を続けています。

Bitcoinの弱点を克服した仮想通貨は多く存在し、差別化が難しい状況です。抜きん出て成長するためには差別化出来る機能を設けることが重要です。今後、GlobalTokenがどう発展を遂げるのか、動向に注目が集まります。

GlobalTokenの主な取引所