仮想通貨の歴史でも注目を集めているTezosについて




大注目の仮想通貨Tezosとは?

仮想通貨の中でも近年注目を集めている存在の中の一つに、Tezosがあります
Tezosとは、2017年7月にICOを実施したアルトコインの1つです。スイスを拠点に活動をしているTezosのチームには、数々の大手企業のキャリアを持ったメンバーが揃っています。
ビットコインやイーサリアムの問題点を回避し、安全で分散化された取引を目指しています。

では、Tezosとは他の仮想通貨とどう違うのか?どのような点が注目ポイントなのでしょうか?3つの観点から解説します。

Tezosの注目ポイント
  • ICOで200万ドル近くの資金調達に成功
  • ティム・ドレイパーのサポートが大躍進の要因の一つ
  • 分散型ブロックチェーンの中でも自身自体を統治するシステム

ICOで多額の資金調達に成功したことで話題に

Tezosは資金調達のためにICOを行いました。
その結果、ICO最初の2日間だけでも200万ドルに達するほどの資金確保に成功しています。いろいろな仮想通貨が過去資金調達のためにICOを行いましたが、その中でもTezosは仮想通貨の歴史上最大規模のICOに成功したと言えるでしょう。
それだけこのTezosプロジェクトは仮想通貨コミュニティの関心を強く集めたことを意味しています。

ティム・ドレイパーのサポートは大きな要因に

なぜこれだけ多額の資金を調達できたのか、いくつか要因が考えられます。
しかしその中でも大きかったのは、ティム・ドレイパーのサポートを受けられたことでしょう。ティム・ドレイパーは著名な投資家で、過去にもBancorと呼ばれるプロジェクトをサポートしたことがありました。
その結果、Bancorは最終的に153万ドルの資金調達に成功しています。この金額は歴史上最大規模のICOだと当時言われました。
現時点でTezosとの関係についてまだ公に発表されていませんが、仮想通貨業界ではティム・ドレイパーの関わっていることは共通認識になっています。

Bancorとは
仮想通貨市場の流動性を担保することを目的としたプロジェクト。「スマートトークン」を利用して取引価格を自動的に決定し、現在価格で売買を行える環境作りができる。

歴史的にはまだ浅いTezos

仮想通貨は数多くありますが、その中でもTezosは歴史的に見るとまだまだ歴史の浅い通貨と言えます。
取引が始まったのは2018年7月からであることからも明らかです。Tezosがなぜ開発されたのか、それは本物のデジタル世界における富を確立することにあったと言われています。

その目的実現のために、自身自体を統治する分散型ブロックチェーンシステムの開発を進めました。検証をより正確に・かつ容易にできるように開発されたのです。

数学的に取引管理コードの正確さを証明することで検証できるようにした結果、スマートにセキュリティの強化が可能になりました。ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨のパイオニアが直面してきた問題は多く、その結果、通貨が分裂を起こすようなこともありましたが、Tezosはこのような問題を回避しながら運営できるようなテクノロジーを採用しています。
このようなところが注目されて、ICOで多額の資金調達に成功したと考えられます。

Tezosは仮想通貨の未来を背負うコインになるか?今後の動向に注目!

Tezosは仮想通貨の未来を背負うコインになるか?今後の動向に注目!
ICOで200万ドルほどの資金調達を達成したり、ビットコインやイーサリアムの問題点を解決するブロックチェーンシステムを採択するなど、大きなインパクトを残してきたTezosですが、その半面、Tezos内の内紛によって集団訴訟となるなど、不安な一面もあります。トークンの価格への影響が否めません。
「非中央集権管理のブロックチェーン」を目指すTezosは今後どのような展開を見せるのか、既存の仮想通貨の問題点を解消し、仮想通貨の未来を明るく照らすコインになりうるのか、動向に注目です!