Tezosとは何か?




Tezosとは?

Tezosは、2017年7月にICOを実施したアルトコインの一つです。
ICOはイーサリアムのトークン(ERC20)で行われることが多いですが、Tezosの場合、プロトコルから独自に開発しています。
開発チームには元Goldman SachsのArthur Breitmanを始めとして、Accenture、Morgan Stanleyでの職務経験を持つメンバーが集まっています。

Tezosの特徴
  • デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(D-PoS)による承認システム
  • プロトコルが独立しており、システム修正時の互換性がある
  • プログラム不具合の発生しにくい言語(OCaml)の適用

デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(D-PoS)による承認システム

Tezosはデリゲート・プルーフ・オブ・ステーク(D-PoS)を採用しています。
PoSは、コインの保有者が取引の承認権利を保つ仕組みです。

D-POS(Delegated-Proof of Stake)では、投票権利を代理人に委任できます。
※D-POSはLiskBitsharesで採用されている技術です。

プロトコルが独立しており、システム修正時の互換性がある

Tezosは3つのプロトコル構造を持っています。

  • ネットワークプロトコル
  • トランザクションプロトコル
  • コンセンサスプロトコル
これらが互いに独立しているため、互換性を保持したシステム修正が可能です。

プログラム不具合の発生しにくい言語(OCaml)の適用

Tezosは開発言語にOCamlを採用しています。

OCamlの特徴

OCamlは関数型プログラミング言語であり、わかりやすく、読みやすく、バグが少ないコードを書きやすいと言われています。

OCamlは東京大学理学部情報科学科で学術的研究で用いられている言語で、フランスの研究所、INRIAで開発されました。

Tezosの日本語情報はどこで手に入るの?

Tezosは各国に有志のコミュニティが立ち上がっています。
日本では、TezosJapanがTelegram(チャットツール)にてコミュニティ活動を開始しています。

Tezosっていつ上場するの?

Tezosは2018年5月現在、zeronetの試験運用を始めています。
また、公式サイトから2018年2Qにbetanet、3Qにmainnetでの運用開始が発表されました。
そのため、取引所での取り扱いは2018年の7月前後と見られています。

Preparing for the Launch of the Tezos Network – Tezos Foundation
We’d like to begin by thanking the Tezos community for its incredible support over the past year. We have a number of updates to share today about the Tezos Foundation, development milestones and the planned launch of the Tezos betanet in Q2 and mainnet in Q3 of 2018. The Tezos community has been running the …

Tezosを取り扱う取引所は?

海外取引所の一つであるHitBTCでは、取引所上場前の先物取引としてTezosを取り扱っています。
Tezosがメインネット上で稼働すると、HitBTCで保有するXTZが取引所外と交換可能になると思われます。

XTZは取引所で表記される際のTezosの略称(シンボル)です。