日本発のソーシャルメディアプラットフォーム・ALIS dApps




1. ALIS dAppsは日本発

「仮想通貨」と聞くと、海外発のものを想像する方も多いことでしょう。もちろん、海外発のものが多いですし、その種類も数えきれないほどあります。そんな仮想通貨の中でも、ALIS dAppsは、日本発のソーシャルネットワークサービス系の1つです。利用の仕方は他のソーシャルネットワークサービスと変わりありませんが、利用をすることで報酬が発生します。ALIS dAppsで仮想通貨を稼ぐ条件は、主に3つです。

・良質なコンテンツを作成する
・良質なコンテンツを発掘する
・ALISのトークンを多く所持する

このタイプのdAppsは、海外では定着していたため、ALIS dAppsも初めは海外向けにつくられました。それは、日本の法律で対応できるかどうかが分からなかったからです。しかし、法律家と相談してALIS dAppsを日本人向けにできるかどうか精査したところ、できるということから、まずはベータ版での運営がなされています。

2.良質なコンテンツを作成する

1つ目は、良質なコンテンツを作成することです。良質なコンテンツの作成とは、他のユーザーからの反応の大きい投稿をするということです。反応の大きい投稿というのは、いいねをたくさん獲得することです。いいねを多く集められればその分だけ、報酬の額も大きくなります。どれだけ多くの人の興味をひくコンテンツを提示できたかどうかというのが、報酬の額につながってくるのです。

3.良質なコンテンツを発掘する

2つ目は、良質なコンテンツを発掘することです。良質なコンテンツを発掘するというのは、投稿されたものに対して、いいねを送ることです。つまり、投稿されたものの評価をして、よりよいコンテンツの発掘をしていくということです。なので、いいねをすると報酬がもらえますし、自分がいいねをした投稿について他のユーザーもいいねを多くしていると、その割合に応じて報酬が多くもらえます。ただし、コンテンツを作成することの方が労力を使うので、それよりも報酬の額は低いです。

4. ALISのトークンを多く所持する

ALIS dAppsでは、ALISのトークンをどれだけ所持しているかによって、報酬の割合が変わってきます。ALISのトークンの所持量が多ければ多いほど、配布量も多くなります。それは、ALISのトークンを多く所持しているということは、それだけALIS dAppsの価値をあげるのに貢献しているからです。