世界で初めてPowとPosを使ったハイブリッド通貨IncaKoin




IncaKoinとは?

IncaKoinとは、PoWとPoSのSHA-256ハイブリッド通貨です。手数料の安さやマイニングでの大きな投資利益率が特徴です。

IncaKoinの3つの特徴
  • 世界で初のハイブリッド通貨
  • マイニングでも取引でも大きなメリット
  • 安定した通貨運営の背景に多くの人の努力がある

メリットが大きなハイブリッド通貨

2013年に取引が開始されたIncaKoinは、ブロックチェーンタイプの仮想通貨で、セキュリティ面を強化する目的で使われているハッシュ関数には、SHA-256が採用されているという特徴があります。

SHA_256を搭載している仮想通貨は他にもありますが、IncaKoinの場合にはアルゴリズムとしてPoWとPoSを両方併用した世界で初めての仮想通貨なのです。

どんな作業でも大きなメリットがある

PoWとPoSを併用するハイブリッド通貨の中でもIncaKoinは、通貨を持っている利用者にも、取引をする人に対しても大きなメリットが期待できます。例えば、通貨を持っている利用者なら、35日ごとに9%のボーナスをゲットできます。ちなみに、このボーナス率と支給頻度は他の仮想通貨と比べるとかなり優遇されています。

また、マイニングをする人なら、60秒ごとにブロック当たり100コインをゲットできます。さらに、取引をする場合には、手数料が低く抑えられているのでとてもリーズナブルというメリットが期待できます。

安定したコミュニティを持っている

IncaKoinはブロックチェーンタイプの仮想通貨ですが、他のブロックチェーン通貨と比べると、長い歴史を持っていて、通貨の運営や価格もとても安定しているというとくちょうがあります。その理由は、IncaKoinを関わる全ての人が、通貨安定のために尽力しているからですね。例えば、IncaKoinを創設した人や開発チームは、現在でも通貨の特徴や傾向を常に分析しながら、更なるブロックチェーンの改善に努力しています。

また、IncaKoinを利用している投資家が利用できるコミュニティでは、投資家たちが活発に意見交換を行っていますが、そうした投資家たちの意見を開発者たちが参考にしてくれたり、取り入れてくれたりします。そのため、投資家にとってもコミュニティを利用する目的がはっきりして使いやすいというわけです。

それだけではありません。IncaKoinのコミュニティには、ボランティアでコミュニティの運営をサポートしているコアな利用者が複数いて、コミュニティ内の掲示板では、問題を提起するとコアな利用者たちが迅速にサポートしてくれたり、問題解決に導いてくれるなど、活発に活動しています。この点もまた、IncaKoinが今後安定した成長を続けられる安心感につながるでしょう。

IncaKoinの将来性

IncaKoin (NKA) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年から確認が出来ます。取引開始時は低い価格で取引が開始され、その後数年は大きな値動きなく推移をしていました。しかし、仮想通貨全体の盛り上がりを見せた2017年後半から2018年初頭にかけて、IncaKoinも大きく値をあげました。現在は下降傾向で、大きな値動きなく推移をしています。

仮想通貨の中には、強みを差別化出来ずに衰退していくものも多く存在します。歴史の長い仮想通貨でも、その後開発された仮想通貨に技術や機能面で負けてしまうことも多くあります。IncaKoinの場合、チャート上でも大きな変化がなく下降傾向のため、今後の課題としてはマーケティング活動に力を入れたり、他の仮想通貨と差別化出来るような機能などの搭載が必要かもしれません。

IncaKoinの主な取引所