NAV Coinはプライバシーを保護する仮想通貨




すべての仮想通貨の始まりと言えるものはビットコインです。もちろんビットコインよりも前から販売されている仮想通貨はありますが、ビットコインが世界で最も有名な仮想通貨となっています。

そして多くの仮想通貨がビットコインを基本として、ビットコインの欠点を補う形で発展しようとしているのが現状です。そのような仮想通貨中の1つがなのです。

NAV Coinの特徴
  • ビットコインをベースにさらなる発展を遂げたコイン
  • Proof of Stakeでマイニングしやすい
  • プライバシーを保護
 

ビットコインをベースにさらなる発展を遂げたコイン

NAV Coinはビットコインの利点をすべて保持したまま、さらに別の利点を付け加えたものです。

ビットコインはブロックチェーンという技術を用いて、分散して取引の管理を行っています。このブロックチェーンの仕組みの信頼性はすでに確立されているので、NAV Coinも十分に信頼性が確立された仮想通貨といえます。これから購入しようと思っている方も安心して投資することができるでしょう。

そしてNAV Coinはビットコインの送金の遅さを改善したものでもあります。

通常銀行を通して海外送金すると多くの時間と手数料がかかります。

しかし仮想通貨を使えば素早く送金でき、しかも手数料を最小限に抑えられます。ビットコインも当初そのように用いられていましたが、あまりにも多くの取引が行われるとブロックの作成が追い付かず送金に時間がかかっていました

そこでNAV Coinは、Segwitという機能をサポートし、向上させることで、ビットコインよりもはるかに早く送金ができるようになりました

Segwitという機能はビットコインにも使われていますが、1ブロックあたりに格納できる取引量を増やすことができる仕組みです。

NAV Coinでは、その機能をサポートし、さらに向上させることで、増えた取引量に対して、スピードを落とすことなく、ブロックの作成を進めることができるようになりました。送金時間はビットコインの約10分に対して、NAV Coinでは約30秒となっています。

さらに送金の際にはNAV Coinを5%もらえる仕組みがあり、ビットコインにはない恩恵も受けることができるのです。

このようにNAV Coinは、送金の速さ実現させ、トークンが増やせる仕組みを持っているのです。

Proof of Stakeでマイニングしやすい

Proof of Stakeは誰がどのくらいの量をマイニングできるかをある程度コントロールするためのシステムです。

ビットコインのマイニングは、Proof of Workという仕組みで、一番速く処理ができた人が取引を承認する権利を得られます。しかし、この場合だと、膨大な電力やコンピューターが必要になるため、大企業や電力の安い発展途上国にある企業が有利でした

しかしNAV CoinはProof of Stakeを採用し、省電力でマイニングができます。誰でも比較的マイニングに参加しやすいようになっているという点で、先進的な仮想通貨といえます。

Proof of Stakeとは

仮想通貨をより多く保有している人や機関に、取引を承認する権利が与えられる仕組みのこと。

プライバシーを保護

NAV Coinには、取引の際にNAV Techという技術が付いています。

NavTechという技術は、もう一つのブロックチェーンを使い、利用者間の送金データを第三者に知られないようにする技術のことです。

これによってオンラインショッピングなどで、個人情報などが表面化することがなくなります。匿名性の高い取引が行えるのです

NAV Coinにより、オンライン決済が簡単になるとともに、個人情報が漏れてしまう危険性からも守られることになります。

まとめ

NAV Coinの実用化も進んでおり、NAV Coinを使うことができるデビットカードもあります。このカードは、通常の買い物などにも使用することができ、ATMでNAVから現金を引き出すことも可能となっているのです。

日常生活でも使うことができ、匿名性が高いNAV Coinはこれから普及していくと思われます。今後の動向に注目していきましょう。