BunnyCoinはどのような特徴のある仮想通貨か?




BunnyCoinとは? 

BunnyCoinとは、2014年4月に公開された仮想う通貨で、通貨単位は「BUN」を使っています。数多くあるアルトコインのなかでも比較的歴史があると言えます。発行上限枚数が1000億枚と非常に多い点に特徴があります。チャリティーや寄付などに使える通貨というのが開発コンセプトで、愛と平和と幸福のために貢献するという理念を持っています。ベースになるのはビットコインで、ビットコインが投機や投資の対象となっているのと逆に、気軽に誰でもメールを送るような感覚で使えるコインとなることを目標としています。

BunnyCoinの3つの特徴
  • チャリティー活動に使う
  • 低価格である
  • 独自の開発コンセプト

チャリティー活動に使う

BunnyCoinは、仮想通貨を介して世界を愛と平和で満たすというユニークな発想から開発された通貨です。チャリティー活動をするための通貨で、トランザクションが発生するごとにマイニング参加者が得る手数料の一部を寄付金として徴収するという方法を採っています。

理念に共感したマイニング参加者は、作業を通して気軽に寄付活動ができます。現在は主にメキシコの孤児院に寄付されていますが、今後は対象となる施設を各国に増やしていく予定です。

低価格である

BunnyCoinは発行上限枚数が非常に多いという特徴があります。これは、インフレを起こして通貨が高騰するのを防ぐ目的があります。使う目的もはっきりしていますが、価格が非常に安い通貨です。

Cryptpiaという取引所で取り扱われていますが、そのなかでも最も格安なコインと言われています。ビットコイン建てでは購入できないほど安いです。

独自の開発コンセプト

BunnyCoinの目的はチャリティーです。そのため、デザインが可愛らしく作られています

絵が可愛らしいから購入されるというのは、短絡的なようですがかなり効果が出ています。仮想通貨は非常の多くの種類があり、取引所で目立たなければ見過ごされてしまいます。BunnyCoinは見た目の可愛らしさを目を引いて、そこから開発コンセプトに触れてもらって共感した人に購入してもらうというやり方です。名前も「バニーコイン」と可愛いものになっています。

BunnyCoinの価格推移と将来性

BunnyCoin (BUN) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2014年と比較的歴史のある仮想通貨です。取引開始から数年、大きな価格変動なく低価格のまま推移をしていましたが、仮想通貨全体の盛り上がりとともに、2017年から2018年初頭にかけて大きく価格が上昇しました。その際には、最高値を記録しています。その後、現在にかけて下降していきましたが、取引開始時よりも高値を保ったまま推移を続けています。

BunnyCoinはネットで話題になったことも手伝って、一時期は取引開始から約100倍という価格をつけたこともあります。その後は沈静化しています。2014年の取引開始とあって、歴史のある仮想通貨です。その分、機能面では最新の仮想通貨よりも劣る部分があるのは否めません。今後は公式のアップデートなど開発が必要でしょう。

チャリティ目的の仮想通貨は、BunnyCoin以外にも存在しています。例えばPinkCoinの場合は、透明性のある寄付が出来る仕組みを整えていたりと、機能面でのメリットも大きいです。BunnyCoinがこれらの仮想通貨よりも優れている点をアピール出来るかどうかが、今後成長していけるかどうかを左右するでしょう。

新しいチャリティの形・PinkCoinの目的は?

2018.10.26
BunnyCoinの主な取引所