仮想通貨Ethereum Darkとは




Dark(イーサリアムダーク)はニュージーランドに拠点を置く仮想通貨です。イーサリアムという言葉を聞くと、あの「イーサリアム」の系列通貨か?と勘違いしそうになりますが、(イーサリアムダーク)はイーサリアムとは異なる仮想通貨なので注意が必要です。Ethereum Dark(イーサリアムダーク)は驚異的な高騰で仮想通貨界の話題を集めました。

Ethereum Dark(イーサリアムダーク)の特徴

マイニングによる発掘が可能
匿名性が高くセキュリティも安心
維持コストが低い

Ethereum Dark(イーサリアムダーク)はマイニングによる発掘ができる仮想通貨です。ビットコインと同じようにマイニングができるだけでなく、マイニングが他の団体や個人に独占される心配が低くなっています。つまり新たにEthereum Dark(イーサリアムダーク)を始める人でもマイニングによる仮想通貨の発掘が可能なため初心者にも人気が集まっています。

ノードを利用した秘匿性の高い仮想通貨

Ethereum Dark(イーサリアムダーク)が採用する取引方法は匿名性が高いP2Pを用いたノードによる取引です。ノードを利用した取引はノードを採用していない仮想通貨と比較すると、秘匿性が高いだけでなく、取引の追跡による個人の特定などがしにくいというメリットを持ち合わせています。個人の特定がされないため、不正に仮想通貨を盗まれるといった被害を最小限に抑えられるだけでなく、個人情報の漏洩を含めた安全性のリスクをすべてクリアしています。

Ethereum Dark(イーサリアムダーク)は保有する仮想通貨の量に応じてマイニングにおける報酬量が異なる配当システムを採用しています。保有量を増やせば増やすほどマイニング時の報酬が増加するので、投資先として選択の余地が十分にある仮想通貨の一つだといえるでしょう。インフレリスクに強く、実際の通貨のような不安定要因が少ないこともあり、世界中の仮想通貨投資家が注目しています。

Ethereum Dark(イーサリアムダーク)は維持を含めたコストが全体的に低くなっています。低コストで仮想通貨を維持できるだけでなく、新たに保有量を増やす場合のコストも低く設定されています。仮想通貨を取得する際には手数料が発生するため、取引手数料が安い仮想通貨を選ぶことが成功のカギを握りますが、Ethereum Dark(イーサリアムダーク)は取引にかかるコストを最小限に抑えられるので、節約効果が非常に高いといえます

取引スピードが速いこともEthereum Dark(イーサリアムダーク)が人気の理由です。仮想通貨の取引スピードが速ければ、瞬時に入れ替わる値動きにおけるロスを最小限に抑えられます。つまり損失が少なくなるのがEthereum Dark(イーサリアムダーク)なのです。

Ethereum Dark (ETHD) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap