Calvin Ayre氏はCoinGeek社を使ってBitcoinCashのマイニングに参入




仮想通貨は今や世界でもっとも注目を集める投資対象であり、各国の個人や企業がこぞって投資やマイニングを行っています。通常マイニングや大規模な投資は資金力の関係で企業しか行えませんが、中には大富豪が個人的に企業を買収してマイニングを行っているケースもあります。それがCalvin Ayre氏です。

・Calvin Ayre氏はカナダ出身の大富豪
・Calvin Ayre氏はオンラインギャンブルを運営するBodog社を設立
・Calvin Ayre氏はCoinGeek社を買収してマイニングに参入

Calvin Ayre氏はカナダ出身の大富豪

Calvin Ayre氏はカナダのロイドミンスター出身の大富豪です。2006年にはフォーブスの世界長者番付に名を連ね、世界から注目を集めました。BitcoinCashの熱心な支持者としても知られており、仮想通貨やブロックチェーン技術の促進をアンティグア・バーブーダを管轄するグアテマラ政府にアドバイスする立場でもあります。現在はコスタリカに住んでおり、慈善活動にも力を入れています。

Calvin Ayre氏はオンラインギャンブルを運営するBodog社を設立

Calvin Ayre氏はウォータールー大学を卒業後、持ち物を売り払ってBodog社を設立しました。特にオンラインギャンブルの運営に注力しており、世界でも有力なオンライン企業として一目置かれています。現在でも精力的に活動をしており、Bodog社をさらに大きな企業とすべく努力を払っています。

Calvin Ayre氏はCoinGeek社を買収してマイニングに参入

Calvin Ayre氏はCoinGeek社を買収し、マイニングに参入することを明らかにしました。Calvin Ayre氏はBitcoinCashに傾倒しており、CoinGeek社を使って相当な資金をBitcoinCashのマイニングに充てる予定です。CoinGeek社では今後、BitcoinCashのマイニングの他にネットショッピングサイトの立ち上げや、仮想通貨関連のニュースを発信することなども計画されています。BitcoinCashのマイニングが拡大していくことは、投資家にとっても朗報です。BitcoinCashのマイニングによって価値が高まれば、低迷に悩む仮想通貨市場を再度活発化させる起爆剤になるかもしれません。今後もCalvin Ayre氏とCoinGeek社の動きに注目しましょう。