SkyNetとは?Tezosで最初の分散型プラットフォーム




Tezosブロックチェーンのメインネットの開始が、2018年9月17日に発表されました。

これを念頭に置いて、SkyNetは、完全機能のベータネット(発表前の開発中のソフトウェア)を発表しています。

これは、Tezosで最初の大規模分散型ピアツーピアの資金調達プラットフォームです。現在最も堅牢な資金調達プラットフォームだと言われています。

Tezosブロックチェーンが選ばれた理由

SkyNetは、Tezosのブロックチェーンを利用したピアツーピア融資プラットフォームです。

ピアツーピアとは

特定のサーバーを使用せず、接続されたコンピューター同士がコミュニケーションを取る形態のこと。

SkyNetのCTO、Stephen Andrews氏は、Tezosプラットフォーム上にSkyNetを構築することにした理由として、オンチェーンガバナンスやPoS(Proof of Stake)のコンセンサスメカニズムが採用されていることを挙げています。

オンチェーンガバナンスとは、システムを変更する際に、マイナーや通貨保有者の投票によって決定されるシステムのことです。アップデートする際は、ノード運営者の意思決定は不要で、アップデート前後の互換性は保持されます

それに対してオフチェーンガバナンスは、アップデートをする際に、ノード運営者の意思決定が必要となり、アップデート前後の互換性もありません

また、PoSのコンセンサスメカニズムとは、通貨の保有量に応じて、取引の承認権が得られる仕組みのことです。

PoS(Proof of Stake)とは

通貨の保有量に応じて、取引の承認権が与えられる仕組み。従来の仮想通貨で採用されているPoW(Proof of Work)は、承認スピードの速さに応じて、承認する権利を与えていたが、承認(マイニング)にかかる電気代等のコストが高いといったデメリットがある。PoSはこのデメリットを解消した。

これらの要素によりTezosは、アップデートの前後でも互換性を保ち、安全なプラットフォームとなっています。

SkyNetは、Tezos上で開発される最初の主要な分散型プラットフォームなのです。

SkyNetへの投資

SkyNetの現状の課題の1つは、従来の金融機関で保有されていた預金をSkyNetに投資してもらうことです。

SkyNetは、これまで以上に高い金利を維持しており、実際にドルを高い金利で運用することができる安全な方法です。

SkyNetの最も才能のある開発者の一部が、Tezosブロックチェーンの開発から移動してきました。このことは当然のだと考えられます。彼らは、SkyNetの開発に注力することが、ユーザーに大きな利益与えると考えているからです。

仮想通貨の価値とは

将来、ブロックチェーン技術は、今以上に普及していくでしょう。

現在、2,000もの分散型プラットフォームがイーサリアムの上に存在しますが、多くの場合、技術が不完全ではないかと疑わしいものなのです。

それにもかかわらず、イーサリアムのトークン価格は70セントから1400ドル以上に上昇しました。

この価値の増大の理由を説明するのは難しいです。

仮想通貨の本当の可能性はまだ探究され始めたばかりです。実際に通貨として使用できるかどうかも確定していない部分は多いですし、もし通貨として使えないのであれば有用ではありません。

さまざまなブロックチェーン基盤の上に構築された分散型プラットフォームは、ユーザーの生活を実質的に向上させる手段を提供しなければなりません

SkyNetが普及するには

SkyNetの普及率は、

(1)スケーラビリティ問題の解決

(2)現実の環境での使いやすさ

の2つに左右されると思われます。

スケーラビリティ問題とは

プロックチェーンに収容されている取引の量が多くなるにしたがって、データの処理速度が遅くなる問題。処理速度が遅くなると、送金時間が長くなってしまう。

ただ、スケーラビリティの問題は、PoSやシャーディングなどの出現により既に解決に向かっています。

シャーディングとは

取引処理を分割して、複数のグループで検証を同時に行う仕組み。

まとめ

SkyNetはTezosのブロックチェーン技術の上に構築されたプラットフォームです。

世の中には技術の完全性が疑わしいプラットフォームも存在していますが、SkyNetは安全で堅牢なプラットフォームを目指しています。

今後の普及が期待できると言えるでしょう。