ブロックチェーンの問題点を解決するpolkadotとは?




ほとんどの仮想通貨は現実世界に存在する問題を解決するために生まれています。 しかし、Polkadotはブロックチェーン自体の問題を解決するための技術として開発されました。 公式サイトによるとPolkadotは、”多様なマルチチェーンテクノロジー“と呼ばれています。 これはどういうことでしょうか。

現在のブロックチェーンの主な問題
  • サービスの拡張が難しい

現在のブロックチェーン技術では、非集権状態で大多数の処理をすることは非常に難しいです。ブロックチェーンを構築するノード(サーバーやコンピュータ)は、一つ一つの処理を順番に行うため多くの処理を行おうとすると時間がかかってしまいます。

  • ブロックチェーン同士は独立して、交わることがない

ブロックチェーンネットワークは、それぞれ別々に存在しています。つまり、他のブロックチェーンと相互にデータを交換したり、互換性がないことを意味しています。

Polkadotの特徴

Polkadotの特徴は、異なるブロックチェーン同士をつなぐブロックチェーンであることです。

この技術は、現在のブロックチェーン技術が抱える処理量が多くなった場合の対応や実社会で使えるアプリケーションへの応用などを解決することができると言われています。

もう一つPolkadotが持つ特徴として、ユニークなセキュリティ対策があります。

ブロックチェーンが持つセキュリティに関するデータはPolkadotネットワークに保存されます。この情報を使って、Polakadot上にあるブロックチェーンは自分たちのブロックチェーンに関してセキュリティレベルを調節することができ、ゼロからセキュリティ環境を構築する必要がないのです。

下記のビデオではPolkadotのネットワークについて1分ほどでまとめられています。

現在は開発初期段階であり、2019年の第3四半期に最初のブロックを生成する予定です。

Polkadotの仕組みとは?

Polkadotは以下の3つのブロックチェーンによって成り立ちます。

  • リレーチェーン(Relay Chain)

Poladotのブロックチェーンのメインとなります。Relay とは日本語で”中継”を意味し、文字通りブロックチェーン同士の中継の役割をするのがこのチェーンになります。

  • パラチェーン(Parachain, Parallelizable chain)

上記の図を見るとわかりやすいですが、リレーチェーン上にある個々のブロックチェーンのことを指します。Pokadotネットワーク内で並列にブロックを生成していきます。

  • ブリッジ(bridge)

このチェーンは、Polkadotが管理するルールを使わない(イーサリアムのような独自のルールを持つ)ブロックチェーンをつなぐために使用されます。基本的には、リレーチェーン内でPolkadotが持つルールに則ってブロックが生成されていきますが、すでに特殊なルールがある例外のブロックチェーンも取り込むことができるようにこのブリッジという機能があります。

これらのチェーンを使うと既存の問題がうまく解決することがわかります。

Polkadotによる既存のブロックチェーンの解決策
  1. リレーチェーンを使うことによって、それぞれ独立したブロックチェーンをつなぐことが可能になります。例えば、銀行取引には取引速度の速いブロックチェーンを使い、アプリケーションの実行には違うブロックチェーンを使うということができるのです。すでにあるブロックチェーンをリレーチェーンによって繋げることは、それぞれの弱点を補うことができます。
  2. パラチェーンでは取引を並列に行うことによって取引速度を上げることができます。取引が並列に行われるので一つのブロックが生成されるのを待つ必要がなく、取引速度の大幅な短縮が可能になります。これは、より多くの作業を処理できることにつながるので既存のブロックチェーンで課題であったサービスの拡張性も解決できると考えられています。

Polkadotが持つ独自のルールとは?

Polkadotは、取引承認のためにPOS(Proof of stake)を採用しています。

POSとは?
通貨の保有量や保有時間に応じて、取引承認権が付与される仕組み。通常、指定の場所に通貨を保管しておく必要があります。消費電力は小さく、イーサリアムも将来的に採用予定の取引認証方法です。

取引承認者はPOSによってリレーチェーンの取引を行い、ブロックを生成することが可能になります。

さらに、パラチェーン上には取引照合者という役割があります。これは、パラチェーンを管理することを指します。彼らの役割はパラチェーン上の取引を収集し、それをリレーチェーンの承認者に取引証明を渡すことです。

Polkadotには、他に2つの役割があります。

1つ目は、Nominatorsです。これは日本語で、”任命者”を意味します。この任命者の役割は、リレーチェーンを安全に生成してくれるより良い取引承認者を選ぶことです。

2つ目は、Fishermenです。日本語で”吊り手”を意味します。この吊り手の役割は、セキュリティのチェックです。ネットワークの異常を検知したり、悪意のある取引承認者を監視します。

以下に、役割一覧をまとめました。

Polkadot tokenとは?

Polkadotは、取引の承認方法にPOSを使用しています。

POSとは、仮想通貨の所有量と所有時間が長ければ長いほど、そのブロックチェーンに関与していると考えられ取引認証により参加することができ報酬を受け取ることができるという仕組みです。

Polkadotにおけるこの報酬は、Polkadot token(DOT Token)と呼ばれる仮想通貨となります。 DOT Tokenには、3つ役割があります。

  1. ネットワークの管理
  2. このトークンの保有者はPolkadotネットワークのルール作成に関与することができます。例えば、手数料をいくらにするや、どのパラチェーンを追加・削除するかなどの権利が保有者に与えられます。

  3. ネットワークの運営
  4. DOT Tokenは、Polkadotネットワークの基本的な取引認証を担います。このトークン保有者はつねにアクティブである必要(インターネットから離れたオフラインであってはならない)があり、保有トークンを指定場所に保管しておく必要があります。これにより、ネットワークを乗っ取ろうとするなど悪意のある保有者を取り除くことが可能になります。

  5. ネットワーク内での保管と支払い

前述のように、ネットワーク内で報酬として支払われます。POSの性質上トークンは、指定場所に保管しておく必要があります。

具体的な活用例とは?

このPolkadotというブロックチェーンネットワークで具体的には何ができるのでしょうか。 公式ページでは、以下の例が挙げられています。

  • イーサリアムを資金として集めたいブロックチェーンプロジェクトがあったとします。しかし、イーサリアムを受け付ける前に他のブロックチェーン上の銀行による承認が必要になる場合、Polkadotネットワークを活用して2つのブロックチェーンにまたがる契約を成立させることができます。
  • Iot(モノのインターネット)にも活用が可能です。ハリケーンが発生したとしましょう。Polkadotのブロックチェーン上で作成されたアプリケーションで、天気予報士はハリケーンが発生したことを確認します。そのあと、Iot技術がハリケーンによるダメージをチェックして自動的に保険金がどの程度かかるか計算しDOT Tokenで保険金として支払われます。Polkadotを使うことで、アプリケーションから保険金の支払いまでを異なるブロックチェーンを使いながら統一して完了することができます。

PolkadotのICOは2017年で最大だった

PolkadotのICOは2017年にもっとも成功したICOといえるでしょう。

最終的には485,331ETHを集めました。その時点での1ETH=320ドルで、およそ150万ドルを得たことになります。

2019年の第3四半期にサービスが開始される予定なので、ICOで集めた資金を使ってどのレベルのサービスを提供するのか非常に楽しみです。

技術的な進捗は、公式ウェブサイトを見れば確認できます。Githubアカウントも公開しているので確認してもよいかもしれません。

まとめ

2017年にICOに参加した人が現在までに、何か利益を得ているかと言われるとトークンをもらっただけで売買することはできないので利益になってはいないでしょう。

公式サイトでは2019年の第3四半期にサービスが開始されるので、そのタイミングでこの通貨を見極めると良いかと思います。