持っているだけで報酬の発生するCloakCoin




CloakCoinとは?

CloakCoinとは、安全な取引を重視した仮想通貨です。通貨単位は「CLOAK」です。

第三者が取引を追跡が出来ない仕組みで、取引にかかる時間も非常に速いです。

CloakCoinの3つの特徴
  • 追跡ができない高い安全性
  • ほぼリアルタイムで取引できる
  • 年間6%の報酬の得られる方式

CloakCoinとはどのような仮想通貨?

CloakCoinは仮想通貨業界の中でもそれほどメジャーな種類ではないかもしれません。発行上限枚数は450万枚で、公開されたのは2014年10月のことです。これは無数にある仮想通貨の中でも歴史は比較的長いです。

マイナーで知名度はあまり高くないかもしれませんが、安全にトランザクションのできるコインでスペックはかなり優秀です。暗号化技術にENIGMA手法と呼ばれるアプローチを採用しています。ドイツの暗号機に由来する名称で、複数のカギがないと解読できない仕組みをとっています。このため、第三者が取引を追跡できず、プライベートなトランザクションができ安心です。

トランザクションがスピーディ

CloakCoinのアピールポイントとして上で紹介した安全性のほかにも、ほぼ即時の取引に対応している点も見逃せないところです。

主要な仮想通貨を見てみると、ブロック生成するのに何分もかかってしまうこともしばしばです。しかしCloakCoinであれば、ブロックの承認時間がほとんどかかりません。送金や決済が即時に完了しますから、スムーズなコインのやり取りができるわけです。

コインを持っているだけで資産を増やせる

CloakCoinでは生成アルゴリズムとして、PoWとPoSの両方を組み合わせた方式をとっています。このため、計算処理など自分で何かアクションを起こさなくても報酬の得られるところが特徴的です。

ステークされたCloakCoinに対して、年間6%の報酬が発生します。ただ単にCloakCoinを購入してウォレットの中に保管しておくだけで、6%の報酬が発生しますから仮想通貨に関する専門的な知識を持っていなくても手にできます。これはある意味預金をしていて発生する利子のようなものです。現在ほとんどの金融機関で超低金利になっているので、預金をしておくよりも効率的に資産を増やすこともできるわけです。

CloakCoinの価格推移と将来性

CloakCoin (CLOAK) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2014年と比較的歴史のある仮想通貨です。取引開始後、値上がり傾向でしたがその後数年は大きな価格変動なく推移しています。2017年頃からの仮想通貨全体の盛り上がりで大きく価格が動き、現在もその名残があります。取引開始と比較しても高い値段をつけています。

セキュリティ面の高さは評価すべき仮想通貨です。昨今の仮想通貨流出事件などを受け、セキュリティ面の需要が高まっている中で、追跡が出来ない仕組みなど売りになる機能でしょう。しかし、セキュリティ面のよさや手数料のかからない仮想通貨はたくさんあり、差別化の出来ていない仮想通貨は淘汰されていきます。今後は、CloakCoinがどのような発展を見せていくのか注目していくべきです。

CloakCoinはまだ仮想通貨の世界の中でも知名度はあまり高くはありません。しかし一方でBinanceなど世界的に大手の仮想通貨取引所でも上場が始まっています。大手の取引所で上場したことで、取引も活発になって時価総額も上昇する可能性があります。そうなれば、価格も今後値上がりしていく確率も高まり注目の通貨といえます。

CloakCoinの主な取引所