UAE政府に欠かせない存在・シェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏




 

シェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏はどんな人?

シェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏は、アラブ首長国連邦の首長です。現首相でありながら、副大統領も兼務しています。UAE政府における「スマート・ドバイ」を推進しているのが、まさしくシェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏です。

・アラブ首長国連邦の首長
・「スマート・ドバイ」の推進者

アラブ首長国連邦と言えば、昔から石油国として栄えてきた国ではありますが、近年、急激に発展を遂げている国でもあります。その代表格がドバイではないでしょうか。なぜドバイが急激に発展を遂げたのかは、このシェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏がキーマンとなっています。

アラブ首長国連邦の首長

シェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏は2006年からアラブ首長国連邦の首長として、UAE政府の中心者として政治経済を動かしてこられました。ドバイの繁栄の基礎を築いた父の後を受け継ぎ、商業の発展に力を入れてきたのが、シェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏です。石油の枯渇にも言及し、石油だけではない商業の発展に本腰を入れたのもシェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏でした。

シェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏は世界有数の競走馬のオーナーブリーダーとしても有名で、競馬界としての側面から語られることも多いです。

「スマート・ドバイ」の推進者

石油で栄えてきた国・アラブ首長国連邦が長きにわたって発展していけるように、石油の枯渇問題に着手したのが、シェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏です。石油に代わる経済の発展を模索する中で着目したのが、「スマート・ドバイ」であり、ドバイのスマートシティ化に乗り出しました。

スマート・ドバイとは、ブロックチェーン技術をUAE政府として取り入れることにより、スマート決済等が当たり前の国づくりをすることです。それによってペーパーレス化が進んだほか、UAE政府として独自の仮想通貨を発行することも決まっているので、ブロックチェーン技術によるさらなる発展が期待されています。シェイク・モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクツーム氏は、2020年までにブロックチェーン技術を使ったシステムに完全移行することも発表しています。なので、アラブ首長国連邦はブロックチェーン技術を国としてシステムに導入していく最先端の国という意味で注目を浴びています。