今後高騰の可能性のあるB3Coinの特徴を紹介




B3Coinとは?

B3Coinとは、KB3という仮想通貨との互換性を持った仮想通貨です。通貨単位は「KB3」です。仮想通貨の長期運営出来るよう、安定した価値の提供を目的としています。

B3Coinの3つの特徴
  • 他の仮想通貨との互換性に優れたB3Coin
  • B3Coinをウォレットに持っているだけでも報酬の得られる可能性が
  • 分散型取引所でセキュリティが担保

仮想通貨を長期運営できるように

B3Coinは仮想通貨の一種で、2016年9月から取引が開始されました。

別の通貨であるKB3とセットになっているのが特徴です。ちなみにこの2つの仮想通貨ですが、B3Coinウォレットでサポートする形になります。このようにB3CoinとKB3の互換性に優れているのが、この仮想通貨の特徴です。このようにすることで、仮想通貨を長期的に運営でき、比較的安定した価値を維持できます。

B3とKB3
B3およびkB3は、最新のB3Coinウォレット(v3.1.1.2 +)でサポートされている通貨の単位です。ソフトフォークを通じて、B3Coinデベロッパーチームは、通貨の長寿性と将来の校正を保証するために、ウォレット内で1000:1の通貨変換をサポートしました。B3は現在、ブランド名だけでなく、並行してマイクロペイメントをサポートするために使用される通貨の単位でもあり、kB3はマクロ支払いと取引をサポートするために存在します。B3Coinデベロッパーチームがこの分野で革新を続ける中で、当然のことながら、コインの価値は時間外に増加することが予想されます。これはB3ウォレットが両方のユニットを扱うためです。
B3 Coin – Proof of Disintegration and Fundamental Node(公式サイト日本語訳)

人気のアルゴリズムを採用

B3CoinではPoSと呼ばれるアルゴリズムを採用しています。

ビットコインなどはPoWを採用しています。PoWの場合、計算処理ができないと報酬が得られない仕組みです。このため一部の設備の充実したところに富が集中してしまいます。

しかしB3Coinが導入しているPoSの場合、計算処理をしなくてもウォレットにB3Coinを所有していれば、報酬を得られる可能性があります。その意味では一部に富の集中する事態を回避できます。

分散型取引所を導入

従来の仮想通貨の中で、中央集権型取引所を採用しているものが多いです。これはプライベートサーバーで各種情報を管理する形になります。もしここにハッキングなどの攻撃がなされた場合、コインの盗難や意図的な価格操作を行われる恐れがあります。

しかしB3Coinの場合、分散型取引所で運営されています。分散型取引所は匿名性がきちんと担保されています。あらゆる情報をこの中で保存する形になりますから、ハッカーなどの攻撃リスクもかなり低減できます。セキュリティも強化され、安全な環境でトランザクションできるとして注目を集めています

コミュニティが強い点も期待できる仮想通貨

B3Coin (KB3) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

今後仮想通貨の価格が上昇するかどうか、それぞれのコインのコミュニティの強さがポイントになります。

B3Coinはまだ業界的にもメジャーな存在ではないかもしれませんが、すでに2万8000人ものメンバーがいて、強固なコミュニティを構成しています。いろいろなバックグラウンドを持った人が交流することで、B3Coinの基盤を強固なものにしています。

ですから今後価格が上昇することはあっても、暴落する危険性は低いとみられています。このコミュニティが下支えすることが予測できるからです。

B3Coinの主な取引所