新規仮想通貨公開に挑戦するTezos




Tezosとは。

Tezosは2014年にスイスを拠点として始まったクラウドファンディング・プラットフォームです。創業者のArthue BreitmanとKathleen Breitmanは、「Tezosは同じゴールを目標として繋がった仲間、真なるデジタル国家設立のために自身を統治する、新しい分散型ブロックチェーン」とミッションについて述べています。Tezosは、ブロックチェーンを用いたプラットフォームになることを目標にしているという点で、イーサリアムと似ていると言われています。またTezosは2017年に7月には、当時のレートにおいて総額232億円相当を調達した巨大プロジェクトとなった経歴があります。

メリットとデメリット

Tezosはビットコインをはじめとするブロックチェーン・プラットフォームの多くと似ていますが、メリットは管理の分散によって一部の参加者に権限が集中しやすいという課題を改善している点にあります。2014年から精力的にビットコイン投資だけを行ってきたトレイパー氏は、これまで他の様々な仮想通貨の可能性を認めつつも「ビットコインをしのぐコインはない」と断言してきたと言われています。しかし、そのトレイパー氏がブロックチェーンプラットフォーム「」を通して新規仮想通貨公開(ICO)に参入し、仮想通貨の安全性を投資家たち示そうとしていることには大きな意味があると言えるでしょう。

メリット
  • 管理の分散によって一部の参加者に権限が集中しやすいという課題を改善
  • トレイパー氏が「Tezos」を通して新規仮想通貨公開(ICO)に参入