ファンも多いInsaneCoinの革新性とは?




InsaneCoinとは?

InsaneCoinとは、利用者が自らの富を自由にコントロール出来る仮想通貨を目指し作られました。

何やら怪しげなHPで、開発メンバーが「狂気のコイン」と自称するなど胡散臭さ満載のInsaneCoinですが、革新的な技術を多く使っています。

InsaneCoinの3つの特徴
  • InsaneCoinは、PoWとPoSのハイブリッド
  • InsaneCoinは、マスターノード制を取り入れている
  • InsaneCoinは、匿名で送金できる機能を備えている

現在はINSNとして流通しているInsaneCoinとは、一体どんな仮想通貨なのでしょうか。

InsaneCoinはハイブリッドな認証方法を取り入れている


Bitcoinなどのブロックチェーンは、ネットワーク上のノードに存在する全てのブロックを総当たりで検証するというPoWという認証方式をとっています。PoWで検証すると新しいコインがもらえることからマイニングと呼ばれていますが、この方法だと膨大な電力やマシンパワーを必要とします。

一方で、保有する通貨の量によって検証する量が変動するのがPoSです。Ethereumなどがこの方式で、非力なユーザーにもマイニングのチャンスを与えています。

この、PoWとPoS、両方の方式を取り入れたハイブリッドがInsaneCoinです。PoWとPoSの両方でマイニングができるのです。しかし、現在はパワーが少なくて済むPoSでのマイニングが主流となっています。

さらに、InsaneCoinはマスターノード制を取り入れています。マスターノードとは、一定量以上の通貨を保有しているノードが、管理者となって報酬をもらえるという仕組みです。現在は、50000INSNを保有すれば、マスターノードとなることができます。

他にも革新的な技術を取り入れたInsaneCoin


InsaneCoinは、匿名通貨としても利用することができます。InsaneCoinが取り入れているのは、Darksendというトランザクションシステムです。Darksendは、同じ時期に送金しようとしているユーザーの取引を一度ミキシングして、送金相手に送るというシステムです。これによって、ブロックチェーンには誰が誰に送金したかという記録は残らなくなるのです。

さらに、InsaneCoinは、Velocityという技術によってブロックチェーンのセキュリティを高めています。従来のブロックチェーンはダブルチェックで安全性を担保していますが、Velocityのセキュリティチェックはトリプルチェックとなっているのでより安全です。

これらの革新的な技術により将来性が見込まれていて、開発者も積極的にコミュニティに参加しているので、ファンが多いのがInsaneCoinの特徴です。

InsaneCoinの将来性


取引開始時は大きな変動なく価格が動いていましたが、2017年には取引開始後の数千倍にまで価格が高騰しています。その後乱高下を繰り返していました。

ハイブリッドな認証、マスターノード制の導入、セキュリティ面の安全性など、仮想通貨にとって魅力的な機能が備わっていることもあり、支持者も多いといわれているInsaneCoin。InsaneCoin自体の発信もそうですが、開発者自身もSNSで積極的に発信を続けていたり、コミュニティに参加したりと、交流が活発なことが伺えます

Bitcoinをはじめ、他の仮想通貨でも実現出来ていないような高い技術力を兼ね備えているInsaneCoinは、今後もファンを増やしていき支持される仮想通貨となるのでしょうか。今後の動向に注目です。