Celer Networkによる安定性とスケーラビリティの確保とは?




あなたは、Celer Networkをご存知ですか。
Celer Networkとはオフチェーン技術を使用して仮想通貨をやり取りする技術です。

仮想通過のデータのやり取りに仕組みとしては、ブロックチェーンという技術が有名ですよね。
しかし、ブロックチェーンには弱点もあります。

ユーザ数や取引数が増えるとブロックの生成速度が取引速度に追いつかなくなり、処理の遅延が発生します。
これをスケーラビリティ問題といいます。

スケーラビリティ問題が発生すると、送金が著しく遅延したり、仮想通過のやり取りが正しく記録されなくなったりします。
仮想通過とはいえお金のやり取りなので、正しくやり取りされないのは大問題ですよね。

そこで、スケーラビリティ問題に対処するために、という新しい仕組みが開発されました。
そして、オフチェーンを使う技術として、が生まれました。

今回はCeler Networkの特徴や今後の展望について紹介します。

Celer Networkはスケーラビリティ問題を解決する

スケーラビリティ問題は、ブロックチェーンにおける大きな課題です。
今後、仮想通過によるやり取りが増えても対応できるように、スケーラビリティ問題は早めに対処しなければなりません。

そこで開発されたのがCeler Networkです。
Celer Networkは、オフチェーン技術を用いてインターネットレベルのスケーラビリティを確保することを目標に開発された技術です。

Celer Networkが安定的に使われるようになれば、分散型ネットワークの世界で最もスケーラブルな技術になるともいわれています。

Celer Networkとオフチェーンについて

Celer Networkは、ブロックチェーンではなくオフチェーンという独自の技術を用いています。

ブロックチェーンとオフチェーンの違いは以下の通りです。

  • お金の取引をブロックチェーンの外でも行うかどうか
  • ブロックチェーンとは別の専用ネットワークを持つかどうか

ブロックチェーンはお金の取引はすべてブロックチェーン上で処理します。
このため、取引量が増大するとすべての取引がブロックチェーン上に流通するため、スケーラビリティ問題が発生します。

これに対してオフチェーンはブロックチェーンとは別のネットワークで取引を行い、結果をブロックチェーンに返すという技術を取り入れています。

オフチェーンは、ブロックチェーンとは別の専用ネットワーク上で処理を行います。そのため、お金の取引の処理を専用ネットワーク上にバイパスすることができ、高速化が実現できます。

Celer Networkはこのオフチェーンを用いることで、現代の最先端技術の15倍のスループットを実現することを目指しています。

オフチェーンはRaidenやLightningでも使われていますが、Celer Networkは前例がないスケーラビリティを達成できる可能性があるともいわれてます。

Celer Networkは、まだ開発中ですがスケーラビリティの面で非常に期待できる技術だと覚えておきましょう。

オフチェーンの特徴
  • ブロックチェーンの外でお金の取引を行い、結果をブロックチェーンに返す
  • 専用ネットワーク上に取引処理をバイパスし、高速化を実現

Celer Networkは今後広まるのか

上記で説明したとおり、Celer Networkはまだ開発途中です。
非常に高いスケーラビリティを目指している分、解決すべき多くの課題があります。

このため、現在の仮想通貨市場ではCeler Networkはほとんど使われていません
おそらく名前を聞いたことがない人も多いのではないでしょうか。

実はCeler Networkに限らず、仮想通貨を扱うための日々たくさんの技術が開発されています。
よって、日の目を見ずに開発が終了してしまったプロジェクトも少なくありません。

正直、Celer Networkが日の目を見ることがあるのかはまだ分かりません。
ただ、今後の伸びしろがある技術だという点は覚えておきましょう。

今回はブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解消するための技術として、Celer Networkについて紹介しました。

Celer Networkはまだ一般的な技術ではないものの、スケーラビリティの面で非常に期待できる技術です。

今後、仮想通貨のやり取りが増えたときにCeler Networkが使われることもあるかもしれませんね。