日本初の金融庁登録されたQuoine




Quoineとは

Quoine(コイン)は元々はシンガポールに本社を構えており、2014年からは東京を拠点として設立された仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営している会社です。

世界で初めて法令を遵守し、ICOを実施した企業として注目を浴び、日本初の金融庁登録を受けています。取り引き規模が大きく、アジア圏内では最大のビットコイン取引所です。

取り引きにおける流動性を高めるために仮想通貨プラットフォームであるリキッドを開発したり、異なる取引所や通貨間での自由な取り引きを可能にしています。取り扱い可能な通貨は、ビットコインやイーサリアム、またビットコインキャッシュにリップル、そしてキャッシュの5種類で、レバレッジ取引ではビットコイン、イーサリアム、キャッシュを取り引きすることが可能です。

メリットとデメリット

入送金、ビットコイン取引手数料が無料であり、他の取引所に比べるとビットコイン価格も安くなっています。

また国内取引所の中で唯一ビットコイン貸し出しを行っており、今後の信用取引の増加に伴って有望な機能だと言えるでしょう。

さらに個人アカウントでは最大25倍、法人アカウントでは50倍までの取り引きを可能にするなど、高いレバレッジ取り引きを可能にしているという点も特徴です。デメリットとしてはクレジットカード入金ができないことや、取り扱いコインの少なさなどが挙げられるでしょう。

メリット
  • 入金、送金、ビットコイン取引手数料が無料
  • 国内取引所の中で唯一ビットコイン貸し出しを行っている
  • 個人は25倍、法人は50倍までの高いレバレッジ取引が可能
デメリット
  • クレジットカード入金ができない
  • 取り扱いコインが少ない