日本にも子会社があるKraken




Krakenとは

アメリカ・サンフランシスコで2011年に設立された仮想通貨取引所です。日本にも2014年3月に運営会社「Payward,Inc」の子会社ができました。取り扱っている仮想通貨は、ビットコインやイーサリアム、またイコノミやライトコイン、リップルやジーキャッシュなど10種類です。ビットコインの取引シェアは世界上位であり、流動性があり、安定した取引をする点で信頼性が高いといえます。また、セキュリティ面でも二段階認証になっている点やレバリッジ取引ができる点などの特徴もあります。

メリットとデメリット

Krakenのメリットの一つは取り扱っている仮想通貨の多さにあります。日本ではあまり馴染みのない仮想通貨も取引することができますが、すべての仮想通貨を円建てで購入できるわけではないので、ビットコインに変換する際の手数料が生じる場合もあります。手数料が多少高かったり、日本円の入金は銀行振込だけなので多少の不便であるのはデメリットと言えるかもしれません。しかし、日本の取引所では余り扱われていない仮想通貨を購入する際には、通常、言語が違うために利用しづらさや不安を感じますが、日本に支社があり日本語に対応している点は大きなメリットと言えるでしょう。

メリット
  • 取り扱っている仮想通貨の多さ
  • 日本に支社があり日本語に対応している
デメリット
  • 日本円の入金は銀行振込だけ
  • ビットコインに変換する際の手数料が生じる場合も