欧州最大級の取引所Bitstamp




Bitstampとは

2011年にスロベニアを拠点として始まり、現在の所在地はイギリスにあります。現在では、イギリス、スロベニア、ドイツ、イタリアでクレジットカードとデビットカードによる取り引きが可能です。仮想通貨取引所としては歴史が長く取引量も多いため、欧州最大級の取引所と言われています。取り扱い通貨は、ビットコインにイーサリアム、またリップルやライトコイン、そしてビットコインキャッシュの5種類です。ユーロとドルの取り引きが可能であり、口座を素早く開設することができ、信用度が高いため日本人の中にも利用している人がいます。

メリットとデメリット

老舗と言われ欧州最大級の取引所であるため、取引量が多く、流動性が高いというメリットがあります。通貨を日本からクレジットカードで購入することができますが、入金のために5%の手数料がかかります。また、口座開設時にパスポートや国政運転免許証の他に、英語表記の「居住地を証明するもの」を用意することが必要です。日本円で直接通貨の購入ができないことや、日本語未対応というデメリットもあります。さらに2015年にハッキングの被害に遭い、約19,000BTC(当時の約12億円分)のビットコイン消失という被害に遭いましたが、オンラインウォレットとコールドウォレットを分けて管理していたため、最悪の事態は免れることができたという背景があります。

メリット
  • 欧州最大級の取引所なので、取引量が多く流動性が高い
  • 通貨を日本からクレジットカードで購入可能
デメリット
  • 口座開設時にパスポートや国政運転免許証の他に、英語表記の「居住地を証明するもの」を用意することが必要
  • 日本円で直接通貨の購入ができない・日本語未対応