Zilbercoinは決済サービスのために開発された仮想通貨




Zilbercoinとは?

ZilbercoinはInnovation Blockchain Technologyという会社がZilberPayという決済システムで利用することを目的に開発した仮想通貨です。

Innovation Blockchain Technology社は仮想通貨を普及させることで紙幣の発行に資源を消費しないエコロジーな社会を作ることを訴えかけており、Zilbercoinの普及に努めています。

今回はそんなについて紹介します。

Zilbercoinの特徴
・ZilberPayで利用可能
・ハイブリッドコンセンサスアルゴリズムを採用
・トランザクションが高速

Zilberpayで利用可能

ZilbercoinはInnovation Blockchain Technology社の提供するZilberPayというサービス内で利用するために開発されました。

ZilberPayは仮想通貨の購入や為替取引、請求書の発行など幅広い機能を持つインターネットバンキングのサービスです。

デビッドカードを発行しており、仮想通貨で決済可能なお店であれば利用することもできます。

従来の電子決済サービスよりも手数料が安く、迅速に処理を行えるサービスとなっています。

ZilbercoinはZilberpayでも購入が可能で、Zilberpayの利用者同士がウォレットを通じて取引を行うことで独自の経済圏の構築を目指しています。

ハイブリッドコンセンサスアルゴリズムを採用

ZilbercoinはPoWとPoSのハイブリッドコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

しかし2017年中にマイニングが完了してしまったため、2018年現在ではもうマイニングはできません。

Innovation Blockchain Technology社は年に12%の報酬を支払うとアナウンスしており、埋蔵量自体は残っているようです。

マイナーにはZilbercoinへの投資を諦める動きが見られるようですが、資産を増やすための投資対象にはなり得ます。

トランザクションが高速

Zilbercoinはトランザクションにスクリプト方式を採用しており、高速で処理が可能です。

承認が高速で済むため、ストレスなく取引ができます。

ZilberPayでの消費電力を抑えることもでき、エコロジーな仮想通貨であるとも言えます。

Zilbercoinの価格推移と購入方法


Zilbercoin (ZBC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
Zilbercoinは公開後しばらく激しく値動きし、仮想通貨バブルと呼ばれる2018年1月に最高値を更新します。

その後いったん値段が下落しますが、2018年7月に再び値上がりします。

マイニングプールが枯渇してしまう懸念から、投資家が急いで買いに走ったのです。

現在では値動きもひと段落し、価格は公開時点にまで下落しています。

Zilbercoinは公式ホームページのほか、Twitterでも公式アカウントが情報を発信しています。

今後Zilbercoinがサービスの発展と共に認知度を向上していけば、再び値段が高騰する可能性はあります。

Zilbercoinは日本国内の取引所では扱いがないため、海外の取引所にBitcoinを送金し、交換する必要があります。

Zilbercoinを取り扱う主な取引所
・Livecoin
・C-Cex