趙東(Zhao Dong/ジャオ・ドン)-の提示した仮想通貨品定めの黄金期




1.仮想通貨取引所の大手・ビットフィネックスの大株主

仮想通貨を頻繁に取り扱っている方であれば、一度は趙東(Zhao Dong/ジャオ・ドン)-という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。そんな彼の発した言葉の中で、注目を浴びたのが「仮想通貨品定めの黄金期」についてです。彼は、これから15ヶ月間がその黄金期だと述べています。そして、仮想通貨投資の成功条件として、4つのことを挙げています。

仮想通貨投資の成功条件
・優秀なプロジェクトを選ぶこと
・割安となっている仮想通貨を選ぶこと
・伸び率が高いと思われる仮想通貨を選ぶこと
・投資した仮想通貨を長期保有すること

趙東(Zhao Dong/ジャオ・ドン)-は、仮想通貨取引所の大手であるビットフィネックスの大株主です。仮想通貨業界でも超のつく有名人で、彼の動向がよく取りざたされています。

2.優秀なプロジェクトを選ぶこと

一口に仮想通貨といっても、それぞれつくられた目的が異なりますし、プロジェクトも異なります。なので、どんなプロジェクトがなされているのか吟味し、選ぶことが大切なのです。言い換えれば、趙東(Zhao Dong/ジャオ・ドン)-氏は、仮想通貨の動きの少ない間だからこそ、良いプロジェクトを品定めできる期間であるといっていると考えられます。

3.割安となっている仮想通貨を選ぶこと

これは、投資における基本ともいえますが、割高の仮想通貨を選んでも、その後その仮想通貨が急成長をすれば良いですが、そうでないことの方が多いです。いかにしっかり利益を出すかで考えると、割安の仮想通貨を選ぶことが求められます。

4.伸び率が高いと思われる仮想通貨を選ぶこと

仮想通貨で利益を出すためには、仮想通貨の価値の伸び率が高くなければなりません。つまり、安いときにたくさん買って、価値があがったときに売却するのが理想なのです。そのため、まったく伸び率のない仮想通貨を選んでも利益はあがらないので、伸び率が高くなると予想できる仮想通貨を選ぶのがベストです。

5.投資した仮想通貨を長期保有すること

投資した仮想通貨の価値があがるタイミングなんて、どんなに仮想通貨のスペシャリストであっても正確には分かりません。なので、ちょっと保有しただけでまったく利益がないと嘆くのは、ナンセンスです。そこで趙東(Zhao Dong/ジャオ・ドン)-氏は、投資した仮想通貨については、3年間は保有することを推奨しています。すぐに結果は出なくても、保有さえしていれば結果の出る仮想通貨もあるのです。