Zコーポレーションが資本参加する仮想通貨取引所




 

Zコーポレーション株式会社とはヤフー株式会社の100%子会社で、これまでのヤフーの事業とは異なる領域への挑戦のために設立されました。2018年4月に、金融庁から仮想通貨交換事業者として認可を受ける「ビットアルゴ東京取引所」の株式を40%取得して資本参加することが発表され、インターネットの大手ヤフーがいよいよ仮想通貨分野に参入するとして注目を集めました。

Zコーポレーションとビットアルゴ取引所東京について

・ヤフーグループの仮想通貨事業への本格参入
・ビットアルゴ取引所東京から「TaoTao」に社名を変更
・2019年5月中旬に取引サービスを開始する予定

ヤフーグループの仮想通貨事業への本格参入

Zコーポレーションが、株式会社シーエムディーラボの子会社、株式会社ビットアルゴ取引所東京に資本参加することを発表したのは2018年4月13日です。シーエムディーラボから株式の譲渡を受けるともに、ビットアルゴ取引所東京から第三者割当増資を受けた結果、ビットアルゴ取引所東京は、シーエムディーラボの子会社であると同時にZコーポレーションの持分法適用会社になりました。これにより、ヤフーグループが仮想通貨事業やブロックチェーン関連分野に参入することになったわけです。ユーザーにとって安全で使いやすい仮想通貨取引所とすべく、Zコーポレーションの支援を受けたビットアルゴ取引所東京は、当初、2018年秋にサービスを開始する予定でした。

ビットアルゴ取引所東京から「TaoTao」に社名を変更

ところが、2018年に入って以降、仮想通貨市場全体が右肩下がりに下落していったのは周知の通りです。この変化に慎重に対応するため、ビットアルゴ取引所東京は当初の予定であった2018年秋のサービス開始を延期しています。その後、2019年春のサービス開始を目指していましたが、そんな折、2019年2月、社名を「ビットアルゴ取引所東京」から「TaoTao」に変更にしたことが発表されました。社名の意味はわかりませんが、社名変更とともにホームページも大々的にリニューアルされています。

2019年5月中旬に取引サービスを開始する予定

2019年3月時点で、「TaoTao」の仮想通貨取引のサービス開始は2019年5月に予定されています。3月25日から4月17日までを事前登録期間とし、事前登録者には1000円のキャンペーン参加特典がもらえます。また、取引期間中、25万円以上の取引をした人のなかから抽選で1万円が当たるキャンペーンも予定しています。