新しい形のSNSを作る仮想通貨YOYOW




現代ではTwitterやFacebookなどのSNSで意見やコンテンツを発信する人が増えました。

YouTubeでは閲覧回数に応じて動画の投稿者に広告報酬を渡す仕組みができ、YouTuberという新しい職業が表れています。

ですが現在のSNSや動画投稿サービスなどには課題もあります。

そこでブロックチェーン技術を使い、従来のSNSの課題を克服した新しいSNSを作るプロジェクトとして仮想通貨「YOYOW」が作られました。

YOYOWについて
・従来のSNSの課題
・YOYOWの作る新しいSNS
・YOYOWの価格推移と購入方法

従来のSNSの課題


現在のTwitterやFacebookなどのSNSは運営に数十億ドル単位もの大きな利益をもたらしましたが、コンテンツを発信する利用者にその利益が充分に還元されていません。

利益を得られるのはほんの一握りのアクティブユーザーやコンテンツプロバイダのみで、プラットフォーム上の大多数のユーザーは金銭的な報酬を得ることはありませんでした。

広告報酬の仕組みがあるYouTubeでもコンテンツを評価して報酬を与えるのではなく、閲覧数に応じて機械的に報酬の額が決定します。

どれだけ優れたコンテンツがあろうとも、発信者を正当に評価し、正当な報酬を与える仕組みができていないのです。

YOYOWの作る新しいSNS


YOYOWは「You Own Your Own Words(自分自身の言葉を所有する)」の略で、従来のSNSの課題を克服した新しいSNSを作る試みです。

ユーザの発信したコンテンツへの評価を「いいね」や閲覧者数などを基準に定量化し、発信者やそれを拡散したユーザへ、トークンなどの形で適切な報酬を支払います。

YOYOWは以下の7種類のサービスを展開することで写真やイラスト、動画や音楽と言った幅広いコンテンツに対応しており、

  • ソーシャルメディアプラットフォーム
  • ブログや大百科などのフォーラムプラットフォーム
  • 質問を投稿するQ&Aプラットフォーム
  • 既存の、広告報酬を主体とするウェブサイト
  • 動画・ライブ配信プラットフォーム
  • コンテンツ集積プラットフォーム
  • 著作権保護サービス

そのうえYOYOW上へ投稿したコンテンツをTwitterやFacebookなどの外部のSNSとシェアして広めることもできます。

ブロックチェーン技術を使っているために中央で誰かがコントロールすることのない非常に透明性の高い評価システムを築くことができるため、利用者は納得して報酬を受け取ることができます。

コンセンサスアルゴリズムもPoT(Proof of Taste)を採用し、ユーザの「いいね」に応じてコンテンツを評価し、トークンの発行と再配分を行います。

YOYOWの価格推移と購入方法


YOYOW (YOYOW) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
YOYOWは2017年8月に公開された仮想通貨で、2017年12月以降急騰し、一時期は公開時の4倍以上の価格を記録しました。

現在では価格は下落して安定していますが、世界的大手の仮想通貨取引所であるBinanceへ上場するなど投資家たちの間でも注目される仮想通貨で、再び高騰する可能性もあるでしょう。

YOYOWはTwitterで最新情報を発信しているため、もし気になったら確認してみるといいでしょう。

YOYOWは日本の取引所では購入できないため、海外の取引所へBitcoinやEthreumを送って交換したほうがいいでしょう。

YOYOWの取引ができる主な取引所
・BITBOX
.com
・Binance
・OKex
・Ethfinex
・HitBTC