XRP Tip Botで仮想通貨がSNSの投げ銭に利用




リップル(XRP)といえば世界でも確固とした立場を確立した仮想通貨の一つですが、その利用の仕方はまだまだ開拓されている途中です。XRPは海外送金のスピードや処理能力に長けており、将来的にはBitCoinなどを超える存在と言われています。そんな中、投げ銭アプリにXRPが利用されることも明らかになりました。

・XRPを使った投げ銭アプリ「XRP Tip Bot」
・「XRP Tip Bot」は誰でも簡単に利用できるアプリ
・XRPは今後SNSにも使われる可能性

XRPを使った投げ銭アプリ「XRP Tip Bot」

XRPは大変人気のある仮想通貨の一つですが、新たに開発されGoogle PlayやApp Storeでダウンロードが開始になった「XRP Tip Box」によってさらに人気が高まると予想されています。XRP Tip Boxはスマホで利用できる投げ銭アプリです。ごく小額のXRPなどの仮想通貨を相手にプレゼントすることができる投げ銭アプリはこれまで多く開発されてきましたが、スマホ向けのアプリはこのXRP Tip Boxが先駆けとなります。クラウドファンディングなどにも利用することができ、XRP Tip Boxの需要は非常に高いと言えるでしょう。

「XRP Tip Box」は誰でも簡単に利用できるアプリ

XRP Tip Boxの魅力の一つが、スマホを持っている方であれば誰でも簡単にダウンロードできて、しかも簡単に利用できるという点です。金額を入力してQRコードをスキャンすれば、XRPが送金できるという仕組みなので新たな手法を身に着ける必要はまったくありません。しかもXRP Tip Boxではなんと0.000001 XRP、日本円で0.000004円という非常に小額なXRPを投げ銭として利用できるので、XRPを大量に保有している人でなくても、お金持ちでなくても投げ銭を利用できます。

XRPは今後SNSにも使われる可能性

XRPはすでに多くのコミュニティで利用されている仮想通貨ですが、今後はさらにSNSで利用されていくことでしょう。XRP Tip BoxではTwitterなどと連携して投げ銭を行うことができるようになっていますが、将来的には他の様々なSNSにも使われていく可能性があります。XRPは今のところBitCoinほど価格が高騰していないので、将来の投資のためにXRPを保有している人も多くいます。XRP Tip Box とSNSとのさらなる連携によってXRPの価格がさらに高騰するかもしれません。