WMCoinの価格や特徴など基礎情報をご紹介




WMCoinの概要について

WMCoinとは、2016年にビットコイン関連のコミュニティに在籍しているメンバーがそれぞれに持つ技術力を元に開発して公開された仮想通貨になります。

このWMCoinが開発された目的は、ゲームなどにおける支払いをよりスムーズに行えることを主なものとしてします。

現在の流通量は10億で、価格は2018年時点で約0.7円、時価総額は約3020万円です。

WMCoinの特徴

・アジアにおける最大のゲームプラットフォームと契約している
・WMCoinに関わるメンバーが優秀である
・PoSとPoWのハイブリッド型の仮想通貨である

アジアにおける最大のゲームプラットフォームと契約している

WMCoinはアジア圏内において最も大きな規模を誇っているゲームプラットフォームの1つであるBBINと協力するための契約を交わしています

このBBINが持つ大きなプラットフォームでこのWMCoinが使われるようになれば、それに伴ってWMCoinの価値も向上することになります。

さらにBBINはゲームプラットフォームだけでなくテーマパークやホテルなどの経営も開始しているため、将来的にはそれらの分野での活用も計画されているので、将来性もある仮想通貨となっています。

WMCoinに関わるメンバーが優秀である

WMCoinはプロジェクトの開発などに関わっているメンバーが優秀であるという特徴があります。

例えば、ビットコインを初期の頃から採用している仮想通貨における経験が豊富なディレクターやアルトコインの取引を長期間に渡って行っている管理ディレクター、さらにはビットコインコミュニティおいて伝説的なメンバーとされているアドバイザーまでいるのです。

このようにWMCoinに関わっているメンバーは仮想通貨において非常に力のある人達が揃っています。

PoSとPoWのハイブリッド型の仮想通貨である

WMCoinではコンセンサスアルゴリズムにPoSとPoWの2大アルゴリズムをハイブリッドしてしたものを採用しています。

PoSとは簡単に説明するとその仮想通貨の保有量に比例して報酬を分配していくシステムで、PoWは仕事量にして分配するシステムです。

両方のアルゴリズムではそれぞれにデメリットがありますが、この2つのシステムをハイブリッド型で活用することによってお互いのデメリットを打ち消し合い、メリットだけを得られるようになっているのです。