Zcashとはどのような仮想通貨?




という仮想通貨は知っていますか?

Zcashは、2016年10月に公開された仮想通貨です。2017年に、大手の金融グループであるJPモルガンとの業務提携が発表され、大きな話題となりました。高い匿名性があることで知られており、今後の利用の方法に注目が集まっています。

Zcashの特徴

・高い匿名性
・自由度が高すぎる
・話題に事欠かない

高い匿名性

Zcashの特徴は、何といっても高い匿名性です。

Zcashに使われている技術は「ゼロ知識証明」とい呼ばれるもので、偽名性と非連結性を実現して、誰が誰に送金したのか追跡することを困難にしています。ゼロ知識証明では、アドレスの保有者や、その保有者の経済的活動などの情報を数学的に隠匿することが可能です。

既存の仮想通貨、例えばビットコインでは、ブロックチェーン上に一連の通貨の送受信の履歴が書き込まれます。誰が誰から何をいくらで購入し、誰に送金したのかといった取引が全て記録されるのです。その取引記録をマイナーが確認し承認することで、ブロックチェーンの技術は成り立っています。ただ、個人の取引記録というプライバシーは侵害されることになります。

しかし、ゼロ知識証明では、取引履歴を公開さずにトランザクションの正当性を検証できます。これにより既存の仮想通貨の技術ではできなかった個人の取引記録というプライバシーが確保されます。

自由度が高すぎる

匿名で取引ができるというメリットは、そのことがデメリットになる場合もあります。

Zcashで懸念されているのは、自由度が高すぎることです。

匿名性が高いために、マネー・ロンダリングに利用されるリスクがあります。マネー・ロンダリングとは存在を明らかにしたくない資金を出所を隠して送金することで、国際的な犯罪に利用される可能性があります。資金の調達先が知られることはないということは、犯罪組織にとって、とても有利になりますよね。

これがZcashの一番の問題です。この問題をどのように乗り越えていくのか、注目されるところです。

話題に事欠かない

Zcashは、話題に事欠かない仮想通貨です。

金融大手のJPモルガンとの提携も話題になりました。

Zcashの核心的技術である「ゼロ知識証明」は高く評価されており、JPモルガンもゼロ知識証明の技術に注目したのです。

また、元NSA、CIAの職員のドワード・スノーデンという人も、Zcashの技術に注目しており、「ビットコインに代わる新しい技術」と発言しています。

Zcashの将来性は?

Zcashは、ネットワークのアップグレードを行うことを発表しており、トランザクションの生成にかかる時間あたりの計算量やメモリ量を大幅に効率良くする計画です。これによって、容量が大きい特別なコンピューターで無いモバイル端末でウォレットのサポートや、スマートコントラクトができるようになる可能性があります。

Zcashの魅力は高い匿名性です。その将来性は、取引禁止となるリスクも抱えつつも、匿名性を維持しながら、マネー・ロンダリングなどの犯罪に対策を打っていくことによって確保されると考えて良いでしょう。

非人道的な行為に通貨が使われては、各国政府は規制せざるを得ません。マネー・ロンダリングの懸念から、中国で取引所運営が禁止されたという報道もあり、Zcashの負の側面への対策が遅れているのかなと個人的には思います。

ここまでZcashの特徴について説明してきました。特徴を下の表にまとめてみました!既存の仮想通貨ビットコインとの比較もしています。

 ビットコインZcash
取引履歴公開非公開
承認時間遅い速い
プライバシー確保されない確保される

まとめ

犯罪に使われるといったデメリットがある一方、ゼロ知識証明という技術は画期的で、魅力があるのは事実です。

大手銀行のJPモルガンが注目した技術でもあるわけですし、期待はできるでしょう。今後の動向に注目していきたいですね!