仮想通貨WalletアプリのAbraで、仮想通貨のインデックス商品が公開




この記事のポイント

1.仮想通貨取引プラットフォームAbraが仮想通貨のインデックス商品ローンチへ
2.仮想通貨Wallet「Abra」とは
3.インデックス投資とは

1.仮想通貨取引プラットフォームAbraが仮想通貨のインデックス商品ローンチへ

仮想通貨ウォレットで有名なAbraは、10種類の仮想通貨銘柄を含むインデックス商品「BIT10」を公開しました。BIT10に含まれる10種類の仮想通貨は、仮想通貨市場全体の約85%を占める銘柄で構成されており、具体的にご紹介すると、ビットコイン、XRP、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどが含まれています。

BIT10は時価総額の比重に応じて、価格変動が行われるデリバティブ商品で、スマホで簡単に投資ができるため、一般投資家の間で人気となっています。今まで、仮想通貨の投資というと、初心者にとって難解な世界であり、とっつきにくいものでしたが、最低5ドルから投資出来るので敷居が低く、簡単な操作で投資ができるので仮想通貨市場の裾野が広がり、アルトコインへの更なる資金の流入が期待されています。

毎月のインデックスの調整はBitwiseが行いますから一般投資家からすれば面倒がありませんし、BIT10は取引回数の制限や手数料がありませんから、気軽に誰でも少額投資をすることが出来ます

2.仮想通貨Wallet「Abra」とは

仮想通貨WAlletのAbraは、アメリカのカリフォルニア州のPlutus Financial Inc.(Abra)で運営されています。Plutus Financial Inc.(Abra)は、デジタル通貨やピアtoピアの送金アプリケーションの開発を手がけており、このWallet「Abra」は2018年3月に、世界初の暗号通貨用Walletとして誕生しました。このWalletアプリは25種類もの仮想通貨を保管できる上に、仮想通貨取引所と同じように、通貨の交換ができるのが最大の特徴となっています。Wallet自体も秘密鍵も、外部のサーバーに任せることはなく、自身で管理するというメリットがあります。

3.インデックス投資とは

日本でいうと日経平均とか、TOPIXなどの経済指標がありますが、これらの指標の動きと同じように投資していく方法です。つまり指標が3%上がれば、自分の資産が3%上がるように投資していきます。投資収益を上げるためにはどのインデックスを選ぶかが、重要なポイントとなります。