仮想通貨Vsyncとは




(ブイシンク)とは仮想通貨の一つで暗号技術を採用しています。VSXと呼ばれるトークンを利用して取引を行います。Vsynk(ブイシンク)の持つ暗号化技術を採用している仮想通貨はほかになく、最新技術によるサポートを受けた安全性の高い通貨だといえるでしょう

Vsyncの特徴

・ウォレットが起動できる複数のOSをサポート
・Obufuscationと呼ばれるトランザクションを利用しているため匿名性が高い
・マスターノードを利用した高速取引が可能

複数のOSでウォレットが利用できる

Vsyncは仮想通貨を利用するためのウォレットが起動できる複数の環境をサポートしています。ちなみに2018年8月現在、サポートされているウォレットはWindows、Linux、Macの3OSです。これ以外のOSはサポートされていないため注意が必要です。3つのうちどれか一つでも作動するOS環境があれば、スマートフォンなどのモバイル機器にウォレットをインストール可能です。

Vsyncが他の仮想通貨よりも優れているといえるのは、匿名性が高いことです。例えばビットコインのようにメジャーな仮想通貨では取引記録をトランザクションを利用してチェックすることが可能です。言い換えればトランザクションを追うことで取引を行っている個人や団体を特定できる可能性が高いことを示しています。Vsyncはこの問題を解決するためObufuscationという技術により匿名性を確保しています。仮想通貨の弱点である匿名性の低さをカバーする技術を採用しているという点からすると、Vsyncの優位性がわかります。

Vsyncを利用した取引において迅速化された取引を行う場合、SwiftTXと呼ばれる取引方法を利用します。安全かつ確実な取引を可能になするためマスターノードを活用しますがマスターノードを利用するために担保が必要になります。ちなみに取引を行うための担保として250000VSKが必要になります。

SwiftTXを利用した取引はトランザクション処理をより速めるのに貢献してくれます。ビットコインなどのメジャーな仮想通貨はトランザクションの承認に時間がかかり、取引が確定するまでにタイムラグが生じてしまいます。この間に値動きの変動があると取引に影響が出てしまうという弊害があります。Vsyncに実装されたSwiftTXの機能はこの問題を見事に解決しています。マスターノードにトランザクションの承認を行わせることで取引の高速化を実現しました。

Vsync (VSX) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

Vsyncによる取引は国内の仮想通貨取引所を利用することができません。取引はCoin Excangeを利用して行います。