セキュリティの高いVirta Unique Coin




Virta Unique Coinとは?

ビットコインなどの仮想通貨を購入する際には、いかに安全性の高いものかが大きなポイントとなります。仮想通貨は実態のあるものではないので、いつハッキングなどによって盗難に遭うかがわからないからです。さらに取引における安全性も重要で、匿名性が確保されるかどうかという問題もあります。そんな投資家の心配を解消してくれる仮想通貨の一つがVirta Unique Coinです。

Virta Unique Coinの3つの特徴
  • Virta Unique Coinは高い匿名性を持つ
  • 盗難に対する高い耐性を持つ
  • トランザクションの認証の速さ

Virta Unique Coinは高い匿名性を持つ

Virta Unique Coinの大きな特徴の一つが、高い匿名性です。

ビットコインなどメジャーな仮想通貨の場合、トランザクションの情報は完全に追跡が可能です。さらに多くの仮想通貨では取引に際して匿名化をしなければなりません。匿名化をしないと、悪意あるユーザーから取引情報が抜き取られてしまったり、どんな取引をしているのか追跡されてしまう恐れがあります。

しかしVirta Unique Coinの場合は最初から取引が匿名で行われるようになっているので、追跡は不可能です。

盗難に対する高い耐性を持つ

仮想通貨において最も懸念されるのが盗難でしょう。実際仮想通貨取引所から特定のコインが盗まれたという事件も発生しています。そのため仮想通貨のセキュリティは厳重であるほど良いのですが、Virta Unique Coinは盗難に対する耐性の高い仮想通貨となっています。

盗難防止のためにアンチセフトテクノロジーが搭載されており、高いセキュリティを誇ります。アンチセフトテクノロジーとは、主にパソコンの盗難に備えパスワードを数回間違えるなど、盗難に遭ったと判断される状況が生じるとシステムがロックされるというものです。これが仮想通貨にも応用され、Virta Unique Coinは盗難されにくいコインとなっているのです。

トランザクションの認証の速さ

Virta Unique Coinの別の特徴はトランザクションの認証の速さでしょう。

ビットコインなどはあまりの取引量の多さから、新たなブロックの作成が間に合わず海外送金などには時間がかかります。それでも銀行を介しての送金よりははるかに速いのですが、仮想通貨としてはあまり速くなくなってきています。しかしVirta Unique Coinはブロック承認の時間が短いためビットコインよりもスムーズに取引が行えます。今後のVirta Unique Coinの普及に注目です。

Virta Unique Coinの将来性

Virta Unique Coin (VUC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始直後、大きく値を上げ徐々に下降していきました。しかし、2017年末から2018年初頭頃の仮想通貨全体の盛り上がりに合わせて再度高騰します。現在は低い価格を保ったまま推移を続けています。

昨今の仮想通貨の問題を解決に導く仮想通貨として注目のVirta Unique Coin。しかし、ビットコインをはじめとする仮想通貨の弱点を克服する仮想通貨は多く存在し、それらの中でも頭角を表すことが出来るかどうかはその仮想通貨の将来を左右します。

Virta Unique Coinは、CoinMarketCapに取引情報がなく、TwitterやFacebookなどをはじめとするSNSの更新も2017年で止まっています。情報の収集が難しいので注意が必要です。

Virta Unique Coinの主な取引所

取引可能な取引所の情報はありません。